2016年03月09日

不惑から天命を知る、へ。

IMG_8574.JPG

内輪の会で久々に「25分間」のプレゼンをしました。
集まった仲間が「非電化工房」をきっかけに知り合ったみんなだったので、弟子入り当時の学習記録などをざっと復習して人生を振り返り、自分の今の立ち位置を確認しました。

私は「人生の棚卸し」というのを不定期に行っていて、なんだか人生に迷える子羊状態になると、「これまでしてきたこと」「自分にできること」「これからどういうふうになりたいか」「5年後の自分は?」などをガガガガガっとノートに書いて、まじまじ見つめて「叶ったこと」「変わったこと」「5年後こう(したい)なら、今何をすべき?」という風に自分の方向性を決めてきました。

最近なんだかとてもシアワセで、過去の「棚卸し」は得てしてあんまり「上手く行ってない」時にするもんだったので、シアワセな時に宿のイベントという形で強引に自分を振り返る機会を与えてもらい、みんなに聞いてもらったことは、とてもよかった気がします。

40にして惑わずには程遠いけれど、若い頃に囚われていたあんなことや、こんなこと、それらを「あ、いらんわコレ」と自然に手放して今があること。
それは「逃げ」や「あきらめ」ではなくて、自分の心の声に耳を澄ませて「私自身をシアワセする」ことを第一優先事項に押し上げた結果手に入れたものなんだと、改めて気づきました。

今月41歳になります。
不惑の次は・・・論語では「50にして、天命を知る」とあります。
「天の使命を知りうる(自得する)」。
天の使命を、なんていうと宗教的ですが、せっかく産まれてきたからにはその生を「何らかの意味あるもの」として全うする方が、タノシそうです。
私の使命はなんじゃろかい?
50歳までまだ9年あるし、じっくり愉しみながら「ほどほど」にその「使命」を見つけたいと思います。
posted by nana at 18:31| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

モヤモヤモヤモヤ

ちょいと職場でトラブルがありました。
職務上、やらねばならないことをやった時に、事件は起こったのです。
(抽象的な書き方で、すみません・・・。)

何かあった時には、人のせいにせず、なるべく自分に原因を求めるようになんとか努力しています。
もちろん、小さい人間なんで、人のせいにしてしまったり、環境のせいにしてしまったり、原因をほかに一度は求めて、言い訳して、自分をすこーしなだめてあげてから、なんとかかんとか、でも「すべての原因は自分にある」と結論づけ、極力、失敗を経験に変えようと。

ただ、今回はなんだかモヤモヤしています。
どうすればそのトラブルが防げたのかを考えた時に「やらない、手を出さない」という消極的な選択肢しかなく、「努力、練習」がしにくい類のものだけに、果たして今回のトラブルから私は一体何を学べばよかったんだろう?と、自分自身ですっきりとした結論が出ていません。

トラブルの元がまだ、決着を見えておらず、お客様や職場にどんなマイナスの影響が出てしまうのか未だわからないのも、私のモヤモヤが継続している理由ではあります。

ただ、よく考えてみたら、この世の中には「自然災害」だとか「(もらい)事故」であるとか、いったい自分のどこに原因を求めたら自分を納得させられるんだ?というトラブルも無数にあるわけで、(できる限り御免被りたいですが・・・)そんな場合への対処力を学ぶチャンスと捉えられなくもありません。

なーんて、カッコよく〆ようとしてますが、引きずってまだまだ「モヤモヤ」中なんですワ(苦笑)
posted by nana at 21:42| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月30日

マイナンバーの賛否を問う前にしなければならないこと

それは、個人情報の自己管理(>_<)・・・。

職場から、年末調整の書類を渡されました。
ことしは、マイナンバーの記入が義務付けでした。
(厳密には、私自身に義務はないが、会社には社員に提出させる義務があるようです。)
「賛成だ」「反対だ」世の中に様々な意見があることは知っていましたが、何分、私自身は勉強を怠っていたので、まったくその制度についても、政府の狙いについてもわかっておりませんでした。
私なりにインターネットセンセイにお助け頂き、私に関係する部分についてささやかな学習を行った結果。

1)受け取りを拒否しようがすでに「マイナンバー」は国民一人ひとりに付いてしまっている。
2)マイナンバーを会社に提出しないことによる罰則規定は「法的には」ない。(社内規則にあれば、社内的に何らかの罰則がありうる。)

ということでした。
では、実際に職場に行って「私、マイナンバーに反対なんで番号は提出できません。」と言おうかとも思ったんですけど、結局、それによって一番困るのは「会社の実務担当者」なわけで、行政側は痛くも痒くもないわけです。(だって行政側が本気で調べようと思えば、これまでの納税記録と名前、住所さえあれば調べられるでしょうから。)
【私の結論⇒お世話になっている同僚を困らせるだけの自己満足な行動は控よう。】
そう思い、自分なりに大いなる決断でその勝手に割り当てられたナンバーを年末調整の用紙に記しました。
ここまでは、よかった。。。
問題はそのあとです。

翌朝、すこし家をギリギリに出発してしまった私は、愛車のカブの荷物カゴに、コットンバックを放り込みました。中には、クリアケースに入れた年末調整と保険関係の書類、図書館で借りた本が入っていました。
急いでいたので、職場まで海沿いの道をアクセルを開けっぱなして飛ばしていきました。
職場について、コットンバックを覗くと・・・
(゚Д゚;)(゚Д゚;)(゚Д゚;)
年末調整の用紙が入った「クリアファイル」だけがありません。
そう、その日は冬型の気圧配置で猛烈な強風だったのです。

電話をしたら、旦那クンが仕事で動けない私に代わって通勤ルートをたどって探してくれましたが、見つからずじまいでした。
かくして、私の「マイナンバー(の書かれた年末調整の用紙)」は風に吹かれてどこかに飛んで行ってしまったというわけです。

まさに「自作自演の個人情報漏洩劇」。
マイナンバーの賛成反対云々、会社に提出するしない云々以前に、自分の情報管理意識の甘さを痛感しました(>_<)。

【自作自演個人情報漏洩劇で得た教訓】
・余裕を持って家を出よう
・荷物カゴには網をかけよう
・強風の日は車で通勤しよう

BGMはPP&Mの♪風に吹かれて、で・・・。
posted by nana at 07:58| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする