2006年10月20日

穴があったら入りたい・・・って、煙突かいっ!

sannta.jpg

すっかり、ご無沙汰していたのは・・・

@おかげさまで、いろいろお抱えのお仕事がございまして、
  おはようからおやすみまで働かせてもらっているのでごわす。
APC(会社)の調子がよくなーい(なぜか、記事のアップができない)
  のでごわす。

など、いろいろ理由がありますが、
ズバリ!!!言い訳です。
要は「後回しちゃん」にしてるということですね。
ごーめんなさい、ごーめんなさい。
(↑昔、こんなカップうどんのCMありましたよね。)

今も昼休みを利用して調子のよくない、会社PCでアップしてますが、
メールで記事を送っているので、今回は大丈夫だと・・・思う。

写真は、備品調達に訪れた、手宮のホーマックでのひとコマ。
もう、赤いおじちゃんの季節か!
はやいねぇぇぇ。

小樽は、ストーブを普通に「炊く」季節になってきたでごわすっ。
posted by nana at 13:03| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

クールな落合監督の涙の第一声

なんで、地上波でやらないのさ。
セ・リーグの優勝決定戦を!!!!!

すねて試写会に行って、家に帰ってパソコンを開いたら、
あららら、12回表。

ちょっと、ちょっと、ちょっと、ちょっと!!!!!

その瞬間!
しかと、NHK第一放送で聞き届けました!!!!!
困ったときの国営放送(涙)。

中日ドラゴンズ、セ・リーグ優勝ぉぉぉぉぉぉ〜!!!!!

バンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

やっぱ、ラジオってすごいよ。
あの落合の「涙声」が直球ストレートだよ。
ま、「絵」はこのあとの各社スポーツニュースでチェックすることに
しましてね(笑)。

ありがとう!ドラゴンズ。

悪いけど、絶対日本一。
日本シリーズの対戦相手が日ハムになって、小樽の街角で石投げられても、
ドラゴンズを応援します(笑)。

「いいぞ!がんばれ!ドラゴンズ〜燃えよドラゴンズ〜♪」

posted by nana at 22:45| ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

久々に

行ってきました、ほくほくテレビ。

NHK札幌放送局製作の夕方の情報番組の中に
“マイタウン情報”というコーナーがあって、
コミュニティ放送局のスタッフが、
「オラが街」の情報を伝えるというスタイルで放送しています。

今までは、スタジオに持ち込む「モノ」と、
しゃべりが中心だったのですが、今回はVTR中心
ということで、「絵にあわせてしゃべる」という、
ラジオの世界では経験できないことに挑戦してきました。

とにかくまぁ、無事に終わってホッと一息。
今回は、動物たちの命を守る、堀内奎井子さんの取り組み
をご紹介させていただきました。
ネタの選択には今回も悩みましたが、
より多くの方に、奎井子さんの取り組みを知って頂きたくて。
「楽しい小樽」ばかりを全道放送で取り上げていたのでは、
片手落ちですよね。

「有言実行の人」堀内さんの笑顔は輝いています。
その目には、力強さと優しさがあります。

ステキな方との出会いが、この仕事の財産です。

堀内さんの活動について知りたい方は、当社公式サイトの
DJ紹介から入って下さいね。

では、また!
あと3日踏ん張れば公休ダ♪
えい!えい!おおっー!
posted by nana at 07:43| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

雪の花

♪今年最後のゆきのはなをぉぉぉ〜

・・・これは中島美嘉さんの「雪の華」ですね。

小樽の「雪のハナ」は「花」。
酒造メーカーさんなんです。

yukinohana.jpg

今日はその「雪の花」酒造さんの酒蔵まつりの司会をしてまいりました。

雪の花酒造さんの、ほぼ全銘柄のお酒の試飲ができたり、
後志の食材の直売があったり、賑やかで楽しい(美味しい!)イベントでした。

生ビール250円なんて、安すぎ〜。
仕事だから飲めなくて残念!!!
焼き鳥、いい匂いしてたなぁぁ(涙)

でも、ちゃんとお酒、買って帰りました(笑)。
気になったのは、焼酎で「ゆりね焼酎」なんてあるんですね〜。
真狩村の特産物。
これも、後志の味だーねー。
あと、とうきび焼酎とか、栗焼酎も気になったど、
そんなに持って帰れないので、悩んだ末、後志のお米を
使った「米っちゃう(まいっちゃう)」という日本酒を買って
来ました。
ネーミング、カワイイよねぇ。

さて、味の報告・・・と行きたいところなのですが、
今日はなんと、名古屋でお世話になったドラムの先生が
出張で北海道にいらしたついでに、小樽まで来てくださる
というのでこれからデートなんです♪

・・・というわけで、酒の匂いブンブンではさすがに行けないので、
味のレポートはおあづけということで勘弁して下さい。

では、行ってきまーす。
posted by nana at 18:15| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

私の自慢する五人の孫達よ

菜々ちゃんも健康で
何よりも感謝と笑顔を忘れずに
皆さんに可愛がってもらえるよう
お互いにがんばりましょう

半田バアチャンより

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


今日、私の大好きなばあちゃんから、めちゃくちゃ達筆な字で
手紙が届きました。

敬老の日に送った、ゆうパックのお礼の手紙だったんだけど、
ゲートボール大会の写真も添えて送ってくれました。

私はビールのせいか、上の文章のところでボロボロ泣けて
しまいました。

ばあちゃんに「自慢の孫」と言ってもらえるほど、私は
本当に一生懸命できてるかナ?

「感謝と笑顔を忘れずに」
私もずっと大切にしたいと思っているものは、ばあちゃんから
きちんと受け継げているかナ?

「皆さんに可愛がってもらえるよう お互いがんばりましょう」
○○しなさい!じゃなくて、「お互いがんばりましょう」って
言ってくれるウチのばあちゃん、もう80越えてるんだよ。
・・・31歳の私、ばあちゃんのような可愛らしさと向上心を、
ちゃんと持てているかナ?

「女性に歳を聞くのは失礼」なんて、これっぽっちも思わない。
私は随分前から、歳を取ることが全く怖くありません。
それは、ウチのばあちゃんを見てると、歳を重ねることは
すごく素敵なことだと思うから。

「私の自慢するばあちゃんよ」

タイトルをそのまま半田のばあちゃんに還すことにしよう。

敬老の日、素敵なことに気づかせてくれてありがとう。

里心がついてしまったので(笑)、年内に一度ぶらっと愛知に帰ろうと思う。


posted by nana at 21:35| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月18日

開かずの扉!?

いろいろあった、一週間でしたが、
これが一番の事件かな。

一番の事件の割には、番組で話していないのは、
なんとなく話す気になれなかったわけで、まあ、深い意味はありません。

先週のある夜、深酒をして深夜の帰宅とあいなりました。
鍵を取り出し、左に右に回してみるも・・・
「ガチャ、ガチャッ」
音だけで、ぜんぜん開きましぇぇぇぇん(涙)

私は下宿住まいで、(きっと、たぶん)築ウン十年の建物なわけです。
鍵も、そんなわけで旧式なんです。

寝てる大家さんを起こしても悪いし、でも、家に入りたいし・・・。
「ガンガンッ!ガチャガチャッ」と意を決して大きく音を立ててみたけど、
大家さんは起きましぇぇぇん(涙)

悩んだ挙句、タクシーで会社に・・・。

仕事が片付かなかったり、早朝勤務の前日に遅くなってしまったとき、
たまーに会社に泊まるんです。
簡易ベッドもあるんですが、それを取り出すのすら面倒で、
スタジオの隅に丸まって寝ました。

で、翌朝6時。
朝班が出社する前に、家に戻りました。
(着替えたかったし、シャワー浴びたかったので)
再び我が家の玄関前で鍵と格闘!
「ガチャ、ガガッ、ガチャチャ」
・・・・。
開かない(涙)。
一晩たったら、状況は変化すると思っていた私は甘かった!?

しかーし!
「パタン!パタパタ・・・」
・・・大家さんの起きる音がっ!

かくして、大家さんと二人で鍵と格闘し、何とか扉は開きました。

・・・でも、大家さんに言えなかった一言。
「昨夜も開かなかったんです」
何で言えなかったのか、自分でもわかりませんが、
言えなかった・・・。
よって、鍵は以前のままです。

でも、あの日のあと何度となく鍵を開けて家に入ったのですが、
なんら問題はなく、今までと同じように鍵は開くのです。

ひよっとして、私が深酒をしたときだけ、この扉は
「ええいっ!遅いぞ、飲みすぎだぞっ!」と私を懲らしめて、
入れてくれないのだろうか?
あの「真実の口」みたいに、人間に罰を与えるシロモノなのだろうか・・・。

ま、そんなことは妄想ですが、ピッキング対応の最新式ドアより、
ある意味手ごわいゾ!という我が家のご自慢の扉をご紹介しました。

あなたの家の扉ちゃんにも愛を注がないと、締め出されるかもよ!?
ご注意あれ!(笑)
posted by nana at 19:41| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

ふらっと富良野

hurano.jpg

昨日、ふらっと富良野に行ってきた。
会議出席の為、つまり公休返上の日帰り出張だったわけだけど、
「どうせ行くなら楽しく行こう!」と一緒に行ったチーフと共に
気分を盛り上げ、「世界の車窓から」モードに。
♪ちゃらちゃっちゃちゃぁ〜ららん、ららぁぁ〜
しばし、車窓の景色を満喫。

助かったのは、この時期「紅葉エクスプレス(※上の写真)」が
出ていて、往路乗り換え1回で富良野に行けた事。
時間が合うのは往路のみでしたが、おかげでちょっとだけ
富良野で観光する時間が取れました。
(このことは今日の「さんアフ」で、チーフが大いに語っていたので略)

この紅葉エクスプレス、よく見て頂ければわかるように「日ハム列車」
だったのです。
私はファイターズフリークではないけど、何だか「特別仕様のものに偶然乗り合わせる」っていうのは嬉しくありませんか?
「ポケモンジェット」に偶然乗ってしまった時も、何だか嬉しくて
子供みたいにはしゃいで、メールに写真を添付して友達に送った気がする。

で、まだ乗ってはいないけど、非常に気になる特別仕様飛行機があります・・・それが、「金シャチジェット」。
前回、帰省した時にセントレア空港に着いて、到着ロビーに向かう途中に「ヤツ」をみかけました。
突然変異で産まれてきた「黄金のカエル」のように、フツーにブルーのラインのデザインの他のANA機に比べ、ひときわ目を惹く存在でした。

「何であれだけ、黄土色なんだろ・・・」

後日、「金シャチジェット」と知り、「金色だったのね」と衝撃を受けた私です。
検索エンジンで「金シャチジェット」で出てきますので、その勇姿(!?)一度ごらんあれ!
posted by nana at 17:09| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

「じゃぶ、じゃぶ」

「しゃぶ、しゃぶ」ではありません。
(もちろん、好物ですが。)

「じゃぶ、じゃぶ」です。濁音です。
何の音かと申せば、私の「心の洗濯音」です。

公休にFixの予定なし!晴天♪となれば、いざ出動!
わが相棒、エストレアちゃん!!!
ごめんね、ずっと通勤にしか使ってなくてぇぇぇぇぇ。
しかも、宴会の度に会社に放置してごめんねぇぇぇぇ。

最初に向かったのは余市です。
なぜって?
それは、ご朱印をGetするため!
(京都滞在中、勢いでご朱印帳を購入してしまったのは前述のとおりです・・・。)
ただ単にバイクを走らせるより、目的があったほうが楽しいっしょ!
もともと寺好き、仏好きですから、この際「北海道十三仏霊場」のひとつを尋ねてみました。

阿弥陀院で頂いたご朱印が、コチラです。
shuin-yoichi.jpg

おっと、その前に忘れていた!
ランチを「おしょろレストハウス」で取りました。
“木の工房るか”の古川さんオススメの「ヤン衆ラーメン」。
一度食べてみたかった。

oshoro-rest.jpg

毛蟹、ほぼ半身入ってます・・・。
正直、この手の「観光用的北海道ラーメン」は邪道だとずっと思っていたのですが・・・。
「ズルズル」・・・「ふーん」
「ずるずるずる」・・・「へー」
「パキッ」←毛がにを割る音・・・「およよっ」
「ずずぅぅ」←スープをすする音・・・「あれまっ」

「うわぁお!」という感動は、正直無かったのですが、シンプルでなかなか食べられました。何といっても、値段がいい。
「680円」で、毛蟹とつぶ貝と、他の貝とわかめたっぷりだもの。
ベースは塩です。
だんだん、魚介の味がスープにしみてくるので、食べ始めより、食べ終わりの方が美味しく感じるかも。
で、毛ガニの身が「ダシがら」じゃなくて、ちゃんと旨みが残ってて食べられるのがうれしかった。
あとは好みの問題だと思います。
ラーメンファンというより、浜鍋ファンのアナタにおすすめです。
(個人的には、隣の席のオネーチャンが食べていた「ポークチョップ定食」がすっごく気になりました。あと、常連さんと思われる方は「弁当」を注文されてました。いずれも、680円でボリュームたっぷりのようでした。)

そんなわけで、腹ごしらえをし、薬師如来様に両手を合わせたあとは、私の生きがい(?)の温泉は欠かせませんねぇぇぇ。
神恵内方面は、前に行ったし、積丹も行ったし・・・お、間の古平に行ってなかった!ということで、「日本海ふるびら温泉“一望館”」行ってきました。

hurubira.jpg

古い校舎を活用して、入浴施設に変身させたという個性的なお風呂でした。
茶褐色の湯が「効くぅぅぅ」って感じ。
お客さんはほとんど、地元の方のようで、(あくまで個人的には)積丹の「岬の湯」よりもこじんまりしていて、現代的すぎなくて、のんびりできました。
残念ながら、湯船からは海は見えないのですが、休憩所からは日本海を一望できます。気持ちよくって、休憩所で30分ほど仮眠・・・。zzz。。。むにゃ、むにゃ。
眠気覚ましにもう一風呂あびて、日もかげりつつあったので、岐路に着きました。

まっすぐ帰る予定でしたが、ちょうど夕日を見るのにいい時間だったので、ちょっと寄り道で忍路の漁港に。

oshoro-yuhi.jpg

わが街小樽は、なんと美しいのだろう・・・。
写真サークルの方が、その絶景を切り取りにいらっしゃってました。
私は堤防の上で、持参してきたポットのコーヒーで一服。

その後は、山側にルートをとって、夕飯の買い物をして帰りました。
夕飯は、旬のさんまと、ゆできびでした♪

こうして、たまった洗濯物の山を部屋に放置することと引き換えに、私の貴重な「心のお洗濯」は終了したのでした・・・。

「めでたし、めでたし♪」ならぬ、「じゃぶじゃぶ、じゃぶじゃぶ♪」







posted by nana at 22:00| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

コロっと&昏々と

番組でも話しましたが、今週、ボクササイズのレッスンに行くのを「コロっと」忘れてしまった・・・。
仕事で行けなかった、とかではなくて、文字通り本当に「コロっと」忘れていたのです。
この表現を思いついた人は、天才だね。
一日のスケジュールで、そこの部分だけ「コロっと」抜け落ちた感じ。響きが、現象をよく捕らえている気がします。

仕事のアポじゃなくて、よかったんだけど、逆に仕事のことばーっかり考えてたんだろうね(苦笑)。
いかん、いかん。
よく働き、よく遊ぶ!というワタシのポリシーに反してしまう。

昨日もとあるパーティに行く予定で、早朝勤務で眠かったので、夕方、家で仮眠を取っていたら、「昏々と」寝込み、気がつくと日付を越えてました・・・。
「昏々と」この表現も、的を射ていますね〜(しみじみ)。
日本語の奥深さを感じます。
帰り道、高尚湯(銭湯)に立ち寄ったのが、眠りを深くした原因でしょう。
そんなわけで、今日は睡眠フルチャージ!です。

これから、My Babysにお水をやりますが、
実は野菜以外にも、一つだけ花を育てています。
(はちさん、嘘ついてごめんなさい)
昨日の朝、あんまり美しかったので写真を撮りました。

asagao.jpg

彼女にもこれから水遣りです♪
(彼ではなく、なんとなく「彼女」だと思う)
あさがおを育てたのは、実に、小学生時代の夏の観察日記以来。
めんこい!


posted by nana at 09:13| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

My Babys

本邦初公開!素人ですが、なんとか子育てしています。

@きゅうりちゃん
kyuri.jpg

Aなすちゃん
nasu.jpg

Bトマトちゃん
tomato.jpg

Cししとうちゃん
shishito.jpg

Dえだまめちゃん
edamame.jpg

Eプチトマトちゃん
puchitomato.jpg

ほかに、セロリちゃん、青しそちゃんが居ます♪

<業務連絡>
名古屋の母よ、My Babysを父に見せてあげておくれ!
posted by nana at 09:10| ☔| Comment(14) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

生命の源

夏場、JRで小樽から札幌に向かうとき、ずーっと気になっていたのが
車窓から見える、朝里の海水浴場。

駅の前がすぐ浜で、こじんまりしていて、焼きつぶが美味しそうで、
「気になる〜行きたい〜食べたい〜」と思っていました。

「朝里」は温泉地として有名ですが、温泉郷は山あいにあって、
駅は海沿い。
普通列車と、一部の快速列車しか停車しない無人駅です。

友人の「海に行きたい」という一言がいいきっかけとなって、
「それなら朝里に行きたい」と意思表示し、女三人列車に揺られ
トコトコ出かけてきました。
今年初の海水浴。
無謀にもいつものスッピンで日焼け止めもつけず(!!!)、
太陽にシアワセ、海にプカプカ浮いてシアワセ、焼きたてのツブ貝と
ビールにシアワセ、たくさんのシアワセを感じて帰って来ました。

当たり前だけど、海水ってしょっぱいですよね。
口の中に広がるしょっぱさを感じながら、ここからすべての生命は
生まれたんだよねぇ、なんて柄にもないことをふと思ったり。

やっぱり夏にはこのしょっぱさを感じに来なくてはいけないな。
体の中の良からぬものを、自然に吸い取ってもらう時間というのは
私にとってすごーく大切で、小樽という街は本当に手のひらサイズに
「海と山」を感じられる、スゴイ街です。

さすがに水着写真は公開できません。
世の中の平和の為に・・・。

以上、例年にない暑さを感じる、夏の北海道、小樽便りでした。
posted by nana at 22:21| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

ハガキ

めずらしい。
空が明るいうちに、家に帰れるなんて。

今朝サボった家庭菜園の水やりをせねば・・・なんて玄関をくぐったら、
ハガキが一枚。

最近、ハガキがひょっこりやってくる。
しかもうれしいことに、DMではなくて、友人たちの「何らかの」好転を知らせる手紙だ。

今朝も、大学時代のなかまの情熱家のかおりちゃんに暑中見舞いの返事を書いたばかり。かおりちゃんは天国に一度、赤ちゃんを見送っている。でも、悩んで、苦しんで、がんばった!その次の子を無事出産し、今、スクスクと育っている。
その「千歳ちゃん」の写真つき。
なんだか、無性にうれしい・・・(しみじみ)。
大学時代、日本酒たったおちょこ一杯で顔を真っ赤にしていた彼女も、今や立派な母である。

そして、今日着いたハガキはさらにすごかった・・・。
野口さん(男性)からのハガキ。
アナウンス学校の同期として、野口さんと出会う。
私が通っていたのは「テレビタレントセンター(TTC)」というところで、(活字にすると無茶苦茶恥ずかしいが・・・)、地元の放送局と、大手広告代理店が共同出資して作った「タレント(←これまためちゃくちゃ恥ずかしいが)養成校」である。
一応、入学試験みたいなのがあって(ほとんど全員受かる?)、入ることができる。

でも、野口さんは開講後、数ヶ月遅れで突然!われらの教室に同期として出現した。
なぜ、ありえない編入が行われたかというと、彼は学校の出資会社のひとつ、岐阜放送から「勉強してこーい」と送り込まれててきたのだった。

どうして社内で教育しないの?と思うかもしれませんが、もともと野口さんは岐阜新聞社の「記者」だったのに、どういうわけか関連会社の岐阜放送に突如配置転換となり、しかも「アナウンサー」として数ヵ月後に出演番組が決まっていて、『中途半端な時期に一人だけのために社内研修してられっか!』(←あくまでも、私の勝手な解釈です・・・)TTCにやってきました。

正直、個人的に仲がよかったわけではないけれど、野口さんはほんとうに絵に描いたような穏やかなやさしい人だから、みんなと仲良しでした。
同期より一足先にTTCを去り、「キャスター」として岐阜の奥様をブイブイ?言わせ、風の便りにまた新聞社に戻ったと聴き、その後も「結婚しましたハガキ」とか、年賀状のやりとり程度のお付き合いが続いておりました。

さて、その野口さんが今回送ってくれたハガキ。
「ちょっくら世界一周に行ってきます(笑)」

・・・・ちょっくらって・・・。

「私たちは、お互いを良きパートナーとして再認識した上で、世界の出来事を自分たちの目や体全体で確かめたく、職を辞して、夫婦世界一周という道を選びました。」

・・・ヤラレタなぁ。
私も、ピースボート貯金始めたけどさ、計画では「ひとり」なんだよねー。しかも、めちゃくちゃ惜しまれつつも、なぜか円満に仕事やめてるってどういうことさ!!!!
(詳しくは、 http://www.geocities.jp/cocotabi_cafe/ ご覧ください。)
さすが野口さんと、その野口さんが選んだ奥様です。
いい!スゴクいい!!!

かおりちゃんも、野口さんも、みんなみんな生き生きしてるなぁ。
いいなぁ、ハガキって。
「ここぞっ」というときは、やっぱりメールじゃないね、ハガキだね。

アタシもみんなに「生き生きハガキ」届けられるように生きるんだ♪
posted by nana at 20:25| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

今年の夏、一番おいしいビール

♪どんどこざぶ〜ん、どんざぶん〜

小樽最大の夏祭り、潮まつりも終わりました。
(浴衣が苦しいとか、足が痛いとかはこの際横っちょに置いておいて)
今年も司会のお仕事を通じて関わることができて、お祭り大好き人間の私にとっては、本当に楽しく・充実した3日間でした。
感謝!感謝!
私を取り巻くすべての環境に、感謝です。

で、このタイトルから行くと、きっと潮まつりのお仕事の後に飲んだビールの旨さ、だと思われるでしょうが・・・、残念ながらそうでなくて、今日、1回目の「ボクササイズ」だったんですわ。その後、今飲んでるビールがサイコーに美味しくて!

実は、私はボクササイズの講座を取るのは、二回目なのですが、今回は夏ということもあって、メガネが曇るくらい汗ダラダラになりながらのエクササイズだったわけです。

運動の後、お風呂に入って、あらかじめ冷やしておいたビアマグできゅぅぅぅっとひっかける一杯!「生きててよかったぁぁぁ♪」って大袈裟かな?(笑)

まぁ、そんなこんなで仕事・プライベート(恋愛を除く、笑。)ともにフル稼働の日々です。

潮の司会をしている間に、かつての同僚(現在の悪友)が東京にて結婚しました。辛いときを支えあった同期だけに、出席したかったなぁとは思うけども、お祝いの気持ちはどこにいても届けられると信じながら、潮の花火を眺めてました。

るーさん、幸せになるんだよ〜。

そんなわけで、なんとか月刊にならずにすんでいる「毎日が小樽日和」です。

あ、そうそう。
前回の記事に書き込みしてくれた、「おまえに食わせる八つ橋はねぇ!」と私が言い放つ夢を見た同僚のなおさんのブログを作りました。
彼女は、私に限らずいろんなスタッフにいいタイミングで「ネタ振り」をしてくれていて、独特の視点が天然で面白いので、勝手に作っちゃいました(笑)。私の番組の中では「しゃべってみチャイナ!」の生徒役として登場してもらってます。
開局10周年特番でも、いい味だしてたな〜。

興味のあるかたは、あとでリンクしておきますので、覗いてみてくださいね!

では、明日は早朝勤務なのでこの辺で・・・。
ちゃお!
posted by nana at 21:45| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

梅雨の晴れ間の結婚式

金曜の午後から、小樽を離れて名古屋に来ております。
といっても、今回の帰省の目的地は実は「京都」。
現在京都在住の、大学時代の仲間の結婚式に出席する為です。
夜は小樽産のうにと、朝取れたてのイカを肴に久々の
親子宴会を催し、翌日、友人達と車2台で名古屋を離れ、京都へ向かいました。

披露宴は夕方なのに、朝7時30分に出発。
それもそのはず。仲間達の気分は、ズバリ!京都観光なのです・・・。

というわけで、京都に着いてまずは腹ごしらえ。
仲間の奥様ひろみちゃんが事前リサーチして見つけてくれた銀閣前の名店
「おめん」さんへ行きました。
ゴマをた〜ぷり、薬味た〜っぷり載せて頂くお味は最高でしたヨ。
(↓写真は食べ終わった後、ゴマの器のみ・・・)
omen.jpg

その後は「哲学の道」↓を経由し、銀閣(慈照寺)へ。
tetsugaku.jpg

「銀閣寺の大切な苔」「ちょっと邪魔な苔」「とても邪魔な苔」という
おちゃめな展示スペースがあることに感動?し、(対訳英語標記、大切な苔
に「VIP」の文字が・・・)日本庭園の美しさを味わい、お決まりの構図で写真を撮り
(↓作品タイトル“銀閣とわたし”)
ginkaku.jpg
幸せな結婚を祈願する?為、なぜか「朱印張」をいきなり始めることにし、
(完全にみんなの「ネタ」である・・・)
銀閣を出たところで、「ラムネ八つ橋」の想像を絶する味わいに衝撃!を受けながら、
とりあえず宿泊するホテルに向かいました。

あ、そうそう。
こんな↓看板も、銀閣に向かう途中で発見!
tsukemono.jpg
千枚漬け(大好き!買ってないけど)・・・京都らしいでしょ。

まぁ、そんなこんなでホテルに入り、披露宴用にお着替え。
おととい、京都駅前を移動する「なぞの中華風集団」に出会った方、
それは紛れも無く私達です・・・。
結婚する新郎の依頼でチャイナドレス(女子)&中国服(男子)という
衣装での出席となりました。

京都駅構内にある、某高級ホテル(って「某」じゃない!?)
で仲間の「オガチン」は人前結婚式を挙げました。
これは空中庭園でカラーンコローンと鐘を鳴らした後の写真↓です。
hanamuko.jpg
鐘を鳴らす為の綱が何度もオガチンの顔面に当たっていたことを、
私は決して見逃していません・・・。

その後の「踊る!中華的大披露宴!」は、その名を新郎新婦が冠した通り凝りに凝った中国的な内装、前編中国語の歌のBGM、本人達の挨拶も対訳つき中国語、恩師のあいさつも対訳つき中国語、私達のテーブル“敦煌”を担当してくれたお兄さんは中国の方、中華料理のコース料理で、紹興酒を飲みながら・・・といったものでした。
名古屋在住組の綿密な準備により、「オガチンの過去をスライドで暴いていく」という余興も滞りなく終了し、(私は余興のMCを担当したのですが、紹興酒ですっかり出来上がり、マイクを握ってはいたものの、何を話したのか正直覚えていない・・・)
まぁ、とにかく楽しく幸せな時間でした。

マイペースで、おおらかで、いいかげん!?(笑)。
でも、なんだか憎めない。
会えばいつでもあの時に戻れる。
仲間達の変わらぬ姿に、縁の不思議を感じ、みんなと出会えたことを心から感謝した京都でのひとときでした。

さて、今夜私は北海道に戻ります。
みんなの笑顔をエネルギーに、私も小樽でがんばらなくっちゃ♪

「オガチン&加奈子さん、おめでとう!」
梅雨の京都で雨続きだったようですが、その日だけ晴れたのは
まさに二人への祝福だよね。

みんな、みんな、み〜んな幸せになれ!!!!!
posted by nana at 08:38| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

60円の大根と畳の上で聞くJazz

昨日、とあるミーティングの帰りに、近くの個人商店をチラ見したら、
「大根“大特価”60円!!!」の文字・・・。
きゃぁぁぁ!冷蔵庫がいっぱいなのを忘れ、思わず買う。
しかーし、一人暮らしの私が大根をまるまる1本消費するのは、結構大変なのダ。
色々悩んで、漬物にすることにしました。
味@:シンプルに塩漬けwith昆布
味A:白出汁と梅干しでサッパリ漬け
むふふ。
晩酌のお供♪

昼は雑事に終われ、気がつけば夜。
昨日は、「菜はな」さんで行われたJazzライブに出かけてまいりました。
しっとり落ち着いた日本家屋の「菜はな」は夜もよかったでー。
有本ゆかりさんの個展を記念してのライブだったのですが、
その有本さんの優しいタッチの作品が、うっすら間接照明で浮かび上がって
とても幻想的でした。
なにより、畳の上でJazzが聴ける心地よさ。
有本さんのだんな様がJazzピアニストということで実現した企画のようで、
セッションしたアコギとベースのお2人の演奏も(トリオのライブでした)すばらしかったです。

そんなこんなで昨日も素敵な休日でした。

さ、野菜たちに水やらなきゃ!
また来週!
posted by nana at 06:53| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

銭湯の名前は、何となく「めでたい」ところが多いですよね。
(もちろん、そうでない場合も多々ありますが)

昨日のお休みはひたすらのんびりしようと心に決め、
目覚ましを気にせず眠り(←これが、休みの醍醐味!)
乃南アサさんの小説を読みきり、ちょっとヤバそうな冷蔵庫の食材たちで
朝ごはんを作り、たまりまくった洗濯をし、見たかったビデオ(トップキャスター最終回)を見ようと壊れたビデオから、新しいビデオに付け替えるも、設定ミスなのか一向に映らず、「ふんっ!いーもーん」とフテ寝(昼寝)し、洗濯物を干し、今度は奥田英郎さんの小説に手が伸び、おっと時間だぁぁぁあと家を飛び出し、会社でバイクを拾い(前の晩にお酒を飲んだので、置いて帰ったのです。)向かった先は、あとりゑクレールさんなんですが、その前に銭湯に行こうと玉の湯方面にハンドルを握るも、一本間違え、あ、じゃあ富士の湯にしようと思ったときに、閃いたのが、ちょっと奥まって目立たないところにある「亀の湯」で、最終的に亀の湯に行ったわけです。
(やっとここで、タイトルの「亀」に行き着きます・・・。)
亀の湯については、自分ではぜんぜん更新してない「なな番倉庫」に書くことにしましょう。(いつになることやら・・・。)

あとりゑクレールさんでは、白坂道子さんの朗読会がありました。
毎年恒例の会で、私が行くのは2回目です。
(今回で8回目とのことですから、私の小樽在住暦よりずっと長い!)
語り(声)だけで会場の空気をひとつにするなんて、本当にすごいなぁ!
その声、表現力に、下世話な話ですが\2800という値段を忘れました。

2800円。
全国平均で言えば、決して高くない料金だと思いますが、
小樽のホールを使わない催しでは高いほうだと私は思います。
私が脱帽するのは、この料金で「人が集まってる」という事実です。
金(1回)、土(2回)、日(1回)、全部で4回。
小樽の文化的なイベントで人を集める難しさを日々感じているだけに、
いろいろな意味で考えさせられました。
オーナーの話だと、回を重ねるごとにお客さんが減ってしまう催しが
多い中、白坂さんの公演に関しては、年々お客さんが増えているそうです。
小樽は文化的活動に人がお金を使わない街=文化度が低い街(ごめんなさい・・・)と正直思っていたのですが、ちょっと認識を改めました。
「内容」と「やり方」ですね。
白坂さんの「本物」の語りと、あとはオーナーの高橋さんのお人柄とネットワーク。あとは「続ける」こと。

小樽の街は「うさぎ」方式ではなく、「亀」方式がフィットする。
そんなことを感じた夜でした。

posted by nana at 07:37| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

毎日がイベント日和!

ご無沙汰していてごめんなさい。

ありがたいことに、公休もイベント続きで、
2週間連続勤務の、目下3週目突入よぉぉ♪
しかも、遊びも手を抜かないわよぉぉ♪

自分が企画、担当したイベントが終わって
ほっと一息のあとも、まだまだイベントが続くのよぉぉ♪

そのあと、友達の結婚式で京都行って、翌週は潮まつりよぉぉ♪

更新後回しで、「月刊」小樽日和になっても許してねぇぇ♪

毎日元気!
お酒も、ご飯もおいしい!
七転び八起きで仕事も奮闘中!
庭の野菜たちも、なんとか無事成長中!
(この私が、毎日ちゃんと水やってます。奇跡!?)

・・・なので、関係各位、ご安心ください。
皆様のおかげで、今日もワタシは笑顔です!
posted by nana at 07:13| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ズバリ!宣伝です

珍しく中一日で書いているのは、あることを思い出したから。
JALが6月1日から展開している、JAL北海道キャンペーンサイトの中で、
小樽水族館(←先方さんのご指定)の宣伝を「たぶん」私が致しております。
「たぶん」というのは、私もまだ見ていないから・・・(苦笑)。

お時間のございますかたは、
http://www.jal.co.jp/hokkaido/pc/
を覗いてみてください。

きっと、「たぶん」小樽水族館が載っていると思いまする。

以上、宣伝でした〜。

posted by nana at 07:35| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

家庭菜園×洗濯×ライブ×読書

タイトルで、今日一日がわかってしまいますが・・・(苦笑)。

公休の今日、先週に引き続き(というか、先週、土が足りなくて
定植できなかった苗達がいたので)土いじりを少々致しました。

厳密には、土いじりの前に、今日はなぜか、無性に字が書きたくて、
毛筆で広告の裏にバババババっと、『一人連想ゲーム書道』をしました。
なんも複雑なことではなく、浮かんだ言葉を書き、その言葉から連想する言葉を書き、で、またその言葉から連想する言葉を書き・・・の繰り返し。

・・・私、怪しい人みたい?
でもね、これ一応、言葉の瞬発力のトレーニングなんです。
本当は複数人で口に出して言い合うんですけどね。
アナウンス学校で習いました。
「あたりまえじゃない連想を瞬時に行う」のがポイントです。
他人が聞いて「ああそうか!」と思うような、ひとひねりの言葉がすぐに閃けば合格!
一度お試しあれ。結構ムズカシイ。
(ちなみに、私はかなりマニアックになってしまい、今日の自己評価は不合格!!!でした。)
そして、誤解の無いように書きますと、毛筆で書道といっても、私は書道を習った経験はなく、全くの素人です。
(高校時代は書道選択でしたが、いちばん「ラクそう」だから選びました)
何で、書道用具一式が揃っているかというと、なんとなーく書きたくなって100円ショップで揃えたから。
お金かけずに遊ぶことにかけては(笑)、自信があります!
墨の香りは懐かしいし、幸せを感じる香りですよ。
(ま、こんなに偉そうに書いていますが、今日が一回目です・・・。)

さて、お金をかけずにといえば、お稽古事にもできればお金かけたくないので、NHKラジオの中国語講座を聞いて(といっても、これもまた土曜の家にいる日だけという中途半端ぶりですが・・・)、エクササイズもお金かけたくないので、ラジオ体操して、(NHK活用しまくり!ですね・・・笑)やーっと家庭菜園に至ったわけです。

OKとうさんが書き込みで、ベテランの方ならではの忠告をしてくださったのにもかかわらず!!!!(ごめんなさい・・・)どうやら、家庭菜園初心者マークの私、「スナックえんどう」ちゃんを、根腐れと思われる病に至らしめてしまったようです・・・。(水のやりすぎと思われます・・・)
現在、懸命の介護をしておりますが、果たして、「スナックエンドウ」ちゃんは生き返るのでしょうか!?
経過は後日。。。

ライブは、札幌でドリカムのライブに。
なぜか、オープニングから涙が止まりませんでした。
(あんまり詳しく書くと、明日行く方もいらっしゃるので曲名などは伏せますが・・・)
正直、更新時期を忘れ、ファンクラブの期限を切らしてしまうぐらい、気合の足りないファンなのですが、やはり・・・行ってよかった。
とにかく、理由も無く泣き出してしまった自分にびっくり!
思えば最近泣いてないから、ここぞとばかり涙が溢れ出てきたのかもしれません。

読書は、エアトランセの社長、江村林香さんが書かれた本を読み終えました。
まとめれば、江村さんご自身のこれまでの生き方、ビジネススタイル(営業、マネージメント他)、育児を含めた家庭のこと、・・・落としどころとしては「鶏口牛後」の実践書、です。
数日前に、お嬢様上がりの経営者が書いた別の本を読んだ直後というともあり、「フツーの人の視点」で書かれていて、大変興味深かったです。
実は今、仕事に対するモチベーションが下がり気味だったので、(私・・・とにかく飽きっぽいんです)江村さんにネジを巻いて頂いた感じです。

・・・とまぁ、そんな充実したお休みでございました。

では、明日からまた元気に働くためにそろそろ眠ります。
おやすみなさい!皆さんもよい週末を〜!
posted by nana at 00:08| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

♪かえぇーってきたぞぉぉぉ

突然、前触れも無く再起動しだしてしまう自宅PCを、
「ま、いっか」と放置していたのですが、いとこの結婚式で
久々に会った兄上様から「後回しにして油断してると、保障期間切れるぞ〜」と私の性格を見切ったアドバイスを頂き(笑)、先週の日曜日から修理に旅立たせておりました。
きのう、ヘベレケで帰宅すると、PCさま、私より先にご帰宅してました。
作業報告書には「メモリの不具合のため、交換いたしました」と書いてある。
何はともあれ、健康になって帰ってきてくれてよかった。

さて、話はガラッと変わって、今日は私の家庭菜園デビューの日となる予定です。
苗を買い、土を買い、肥料を買い、条件は整った!(と思う。)
休みの日にしかできないもんね。
予報で雨だったお天気も、今のところ曇りだし。
よしっ!
というわけで、自家製プランターを今から作ります。
(おいおい、一体、植え始めるのはいつになるのだろう・・・)

多分、私の身内は「ひょぇぇぇ、絶対ムリだー」とムンク状態だと
思いますが、こうして書いちゃってるし、番組でも言っちゃってるので、
やるしかないね〜。

まあ、「ねばならない」になると、何でも苦しくなるから、
がんばらずに楽しみたいと思っています。
(私には「大家さん」という、力強い助っ人もいるのだ♪)

では、取り掛かります。
えい!えい!おーーーーっつ!!!
posted by nana at 09:52| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする