2008年07月03日

あっ!!!

buro-wata-kin.jpg

という間の帰省でした。
本当に。

ご存知の方も多いかもしれませんが、第二の故郷、
小樽に里帰りをしておりました。

初日、台風の影響でマカオ−香港間のフェリーが止まって
しまったため、私をおいて香港から飛行機は飛び去り、
予定より1日遅れで小樽IN。

正直、「のんびり」とは程遠い休暇でしたが、
一番のメインイベント!
(といいますか、今回の帰省の一番の目的)
キロロでの友人の結婚式は円満に終了♪
いやぁ、目的達成で、満足・満足!

実はこの披露宴の司会をしに帰ったんです。
「あんたたちが結婚することになったら、司会をしてあげる」
と、二人が付き合う前に、言ったそうです、私。
(本人は正直、ウロ覚え・・・)

「してあげる」なんて、おこがましいなー、私。
なんて図々しい!!!
でも、その発言がなければ、こんなにシアワセな時間の
演出側には回れなかったのだから、自分の暴言に感謝?

言葉が未来を造っていくといのは、あながちウソではないかも
しれません。
人の縁というのは、かくも粋なものなのですね〜。

そして、二人の披露宴が暖かくスバラシイものであったのは、
私が司会をしたからでも何でもなくて、
二人の普段からの人との関わり方が誠実で、
またその人柄が本当に真っ直ぐで、爽やかで、
だから、みんなに祝福される最高の時間を演出することが
できたのでしょう。
〆が500発の花火なんて、なかなかないっしょー(笑)。

ま、そんなわけでシアワセをたくさん抱えてマカオに戻ってきました。

わたるくん、きんちゃん、そして、今回のバタバタ帰省に付き合ってくれた皆様に
心からの感謝を!

2007年05月31日

本日最終日!

さて、「小樽なな番倉庫」には書きましたが、
本日で私、退職します。

だぁぁぁぁぁーい好きなラジオの現場から、何で離れるのか?

「繰り返しでなく、積み重ねの人生を送りたいから」
なーんて、カッコイイ言葉は私には似合わないよね(苦笑)
今の仕事や、小樽の街に飽きたから?
それも違うんだよ。
小樽の街も、今の仕事&職場も大好きなんだよね。

でも、女寅さんを目指す私としては「そろそろかな」と。

昨日、北海道新聞の小樽面に、私の野望が掲載されました。
ぐわーっと喋った私の言葉を、あのようにまとめて下さる
記者さんはスゴイね。
(広美ちゃん、アリガトウ!!!)

新天地は「マカオ」です。
小樽の時同様、知人も友人もない土地に乗り込みます。
ある意味、「菜々しべ長者」や「飛び込みハーディ1/58」
のような企画は、私の人生観そのもの?かもしれない。

一生を左右する出会いがあるのか?
「さみしー」と泣きべそをかいて暮らすのか?
小樽で9キロ増えた体重は、元に戻るのか?

自分でも、さっぱり検討がつきませんが、
一見無謀な選択に、私自身後悔の念は全くありません。

小樽を離れる以上、このブログのタイトルは変わりますが、
今後も細々と続けて行こうと思ってますので、
気が向いた時には、お立ち寄りくださいね。

私は、小樽の街と人に、この4年間育ててもらったという
感謝の思いでいっぱいです。

公私問わず、私を支えてくださった皆さん、これまで
本当に、本当に、本当にありがとうございました!!!


posted by nana at 06:56| ☁| Comment(5) | TrackBack(1) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

とっても走りやすい“フルーツ街道”は50キロ規制なのだ

美国に、一泊二日でいってきました。
中国語をわかる方は、「え!!一泊二日でアメリカに!?!?」
なんて思ってしまうかもしれませんが、積丹半島の地名です(笑)。

金曜日の勤務後、バイクで友人と「おいしいものを食べるぞ!」と、
一路、初めての民宿「一与」さんへGo!
食べきれない、夕食&朝食に大満足!!!
あわびの刺身、旨かった・・・(感涙)。

今日は、まず美国散策で、近くの「黄金岬」につながる遊歩道へ。
春のお花が、キレイキレイ。

koganemisaki-hana.jpg

そして、辿りついた岬の先端からの景色はまさに、「積丹ブルー」!

shakotan-blue.jpg

陸から海の景色を満喫しました。
そして、美国神社でお参りをしたあとは、今度は海から陸の景色を楽しむ、
「ニューしゃこたん号」に乗船しました。
この船はグラスボートなので、海中のウニや魚も見ることができます。
ちょっと曇りがちだった空も晴れてきて、船上からの景色も堪能!

その後、看板を見て気になっていた「松山千春さんゆかりの碑」の謎を解きに、
美国小学校跡地へ。

chiharu-jichan.jpg

千春さんの曽祖父さんが亡くなった地が美国であることを知りました。

その後は、地元のお豆腐屋さんで「寄せ豆腐」を買って、帰路へ。
帰りに「フルーツパーク仁木」に立ち寄り、温室を散策。

a-mondo.jpg

この花、何だと思います?
桜じゃないのですよ。アーモンドの花です。
昔、実家の庭に植わっていた花なので懐かしく鑑賞しました。
その後は、フルーツパークの展望台へ。

niki.jpg

ここでも後志の山並み&白い雲が楽しめました。
しかし、なぜに展望台のあるところまで上ってきたかといいますと、
実はフルーツパーク名物の「ローラーすべり台」に挑戦するため!
子供たちに交じってギャーギャー楽しみました。

「いやぁ〜、いい旅だったぁ」と大満足で、小樽へ帰る途中・・・。
草むらに赤いモノが。。。
「あ!パトカー!!!!」と思ったときには時既に遅し・・・。
フルーツ街道は、「パトカーさんの漁場」であることを忘れていました・・・。

まぁ、事故や怪我でなく、罰金で済んでよかったと思い込むよう努力するので、
ぜひ、お支払いする12000円の違反金は、裏金にして欲しくない!!!と、
切に思うのです。

おまわりさん、よろしく!
私も反省しますから・・・。
posted by nana at 18:54| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

タイムアウト!

今日は、札幌近代美術館で開催中の、「空海マンダラ〜弘法大師と高野山」
を見に行ってまいりました。
のんびーり、午後から出かけていったら・・・おーまいがっ!
全部見終わる前に、閉館時間(涙)。
映画とかと違って、「鑑賞時間」は本人次第だから、
もうちっと考えて早めに出るべきでした〜。反省、反省。

仏像好きの私としては、運慶作の「八大童子立像」に目が釘づけ!
あの「線」すごいなぁぁぁぁ。なんであんな流れるような線が彫れるんだろう。
そして、一体一体の表情のスバラシさ。まさに、『いい仕事してますなぁぁぁ〜』と感嘆。

実は高野山は、添乗員時代になんども行って宿坊なんかにも泊まったりしているのですが、何せ仕事で行ってますので、お客様の「ご朱印」をGetすることに全精力を注ぐ次第で、奥の院まで足を運んでいるにも関わらず、仏像はゆっくり見られなかったのであります。

円空仏の時もそうでしたが、まさか、北海道の地でお宝物の仏像たちに
お会いできるとは・・・。
ミュージアムショップでは、マンダラやお守りを授かる人が多く、
「お大師さん」信仰の深さを垣間見ました。
四国のお遍路を終えて、最終のゴール地点は、高野山奥の院。
北海道の人は、そんなに簡単に行けないですものね。
そういう意味では、実に意義深い企画展ですね。

無宗教の私も、純粋に仏教美術として楽しめました。
6月3日までですので、アナタも是非!
posted by nana at 21:50| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

白い粉がもたらしたもの

ヤバイ粉ではありません。あしからず。

干し芋の見切り品を買い、それを一年以上さらに放置したら、
白い粉で覆われ真っ白に!!!

めっちゃ粉が吹いてます・・・。

食べないよね〜、普通。
でもさぁ、悪くなってないんだもん。
封切ってないしさ。
で、むしょーに「さつまいも」気分の私は食べました。
オーブントースターで焼いて。

で・・・。

あのね、表面の粉(=糖分)が飴状になって、パリパリに。
中は、もっちりなのさ。
いわば、「平べったい大学イモ」みたいな感じ。

「!?!。コレ、む、むちゃくちゃウマイじゃんっ・・・」

粉が噴きすぎた干し芋、捨てたら損よ。
ぜひ、胃に自信のある方は、お試しあれ!

注)あぶりすぎると、糖が焦げてすぐ炭化します。ご用心!
posted by nana at 21:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

なごり雪

行く冬を惜しむように、小樽ではみぞれ交じりの雪が降っています。いや、正確には「みぞれ交じりの雨」と言ったほうがいいかしら?

木曜日にバイクをピックアップして行動範囲が広がったので、今日は弛みきった体を覚醒させるべく、泳ぎに行こうと思ったのだけど、空を眺めて、スイッチが晴耕雨読モードに切り替わり、午前中はまったり読書にふけることにしました。

私は、本を衝動買いします。
10代の頃は同様にCDを買い漁っていたけれど、どういうわけか20代の中ごろからは、音楽CDはピタッと買わなくなり、その分本を買うようになりました。

よほど気に入った本でないと、読み返すことがあまりないので、一度読んだ本はどんどん活用されずにホコリをかぶってたまっていく一方。だいたい、ダンボールに一箱ぐらいたまったところでいつも古本屋さんに持っていきます。

現金化するのが目的ではなく、「モノ」は活用してナンボというのが私の考えて、ホコリかぶってるより、この本たちは「読みたい」という人にもらわれていくのがイチバンだなぁと思うのです。
今回も、ダンボールにたまった本たちを眺めて、そろそろ彼女らをお嫁に出す時期がきたかしら、と思ってます。

衝動買いした本の表題を見ていると、その時の自分の心の動きが感じられて非常に愉快です。どうしても(私には)つまらなく感じられて最後まで読破できなかった本や、「今だったら絶対買わないなぁ」という本、同じ作家の本がまとまってると「あー、あの頃ハマってたんだな」とか。
自分のプチ「思想変遷史」を他人事のように眺めるというか、木の年輪を確認するように、自分の思いを辿るというか。
その作業が、なんとも面白いのです。

生まれてから死ぬまでに合える人の数は限られているけれど、「本」を使えば、あるひとの思いに直結できるわけだから、たくさんの人に会ってる感覚。
私は欲張りだから、会えない人にも「会いたく」思い、濫読を続けるのでしょう。
まぁ、こんなふうに書くと気取り屋さんみたいだけど、カッコイイものでも何でもなくて、ゲーム好きな人が自然にゲームに手が伸びるように、演奏好きの人が自然に楽器に手が伸びるように、みんな自分の好きなものに結局は帰結していくんでしょうね。

なごり雪の舞う、お休みの穏やかな朝、
あなたがつい自然に手を伸ばしてしまうものは何でしょうか?
posted by nana at 10:37| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月06日

知ってた?

200704062312000.jpg

鎌倉銘菓、鳩サブレの『レー』だけ、ロゴが二重なんだよ!
発見して、かなり悦に入っている私です。
posted by nana at 23:20| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

旅日記最終回

yu-chan.jpg

さて、今回の第一の目的、友人の結婚式は、懐かしの面々に囲まれながら、
シアワセに終了〜。
ゆうちゃん、ほんとーにオメデトウ!!!
posted by nana at 00:14| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

旅日記12

200703311058000.jpg

左下の漢字読める?
カチカチ山のふもとのお餅屋さんの名前なんですが。。。
“かねたまる”だって!!!
銘菓、かねたまる餅ゲット(^^)v。たまるといいナア〜。

追伸
同行した友人によって、何と!店の名は“かねたまる”ではなく、“きんだるま”であることが判明しております。あしからず・・・。

ちなみに、旅行〆のお食事は山梨名物「ほうとう」でした♪

20070331.jpg
posted by nana at 13:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記11

200703311010000.jpg

カチカチ山に登りました!
ロープウェーの山頂からは、富士山と河口湖が望めます。
カチカチ山のたぬきと、ウサギを従えて。。。
posted by nana at 11:16| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記10

200703301745000.jpg

あ、わざとらしすぎた!?(^o^;
ホンモノはこちらでーす!!!
posted by nana at 09:42| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記9

200703301642000.jpg

そして、振りかえるとそこには富士山!!!
posted by nana at 09:37| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記8

200703301734000.jpg

河口湖畔のホテルに宿泊〜。ホテルの最上階には展望ラウンジがありました。
写真はもちろん河口湖です(^.^)b
posted by nana at 09:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記7

200703301422000.jpg

飛騨の『さるぼぼ』に似た“吊るしびな”も発見!!!
posted by nana at 09:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記6

200703301417000.jpg

ここの見所は、ひな飾り!見て!見て!
吊るしびなが圧巻です〜。
posted by nana at 07:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記5

200703301431000.jpg

明け方は雨降りだったので、少々心配していたお天気も、出かける頃には快晴!
途中下車して塩山(えんざん)の『天草屋敷』に行きました。
posted by nana at 07:24| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

旅日記4

200703300838000.jpg

兄夫妻に誕生日を祝ってもらって、今日はかれこれ20年年来の友人と河口湖へ♪
京王線で待ち合わせ場所に向かっていますが、満開のさくらと菜の花が車窓越しに楽しめてシアワセだぁ〜。
posted by nana at 12:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記3

070330-110434.jpg

甥っ子のぶあき。
約三ヶ月半ぶり。なんと二足歩行!人間になってきた〜。
posted by nana at 11:06| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記2

200703291725000.jpg

機内アナウンスで、東京は21度と聞いたときはさすがに驚いた〜。
渋谷ハチ公前の桜も満開!
なぜ渋谷かというと、観たいお芝居があったから。
添乗時代からの仲間、るーさんを巻き込んでの観劇。
るーさんは今年、母になると聞く。実に、めでたい!!!
生瀬勝久さん演出の芝居もよかった〜。
今晩の宿、兄宅へ向かう。
posted by nana at 07:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旅日記1

200703290614000.jpg

小樽の車窓から。
海から昇る、朝日がキレイ。
新千歳空港へ行く小樽方面からの快速列車の始発に乗る。6時03分南小樽発。
眠い。。。
posted by nana at 07:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする