2018年02月14日

電話代、毎月いくら?

便利な世の中ですね。
便利さは享受しつつ、固定費はできるだけ減らしたいのが「お得お値打ち教徒」です。

そして「便利すぎちゃってる」のも現代社会の特徴ですね。
「私に必要な便利は、一体どのくらい?」かを常に考えるのが「お得お値打ち教徒」への第一歩。

今回は、携帯電話編です。

そもそも私は電話をほとんど使いません(^^;)。
たぶん解約しちゃっても困らないレベル。
でも、なければないで不便なこともある。
そこで調べました。
私にピッタリの携帯電話とのお付き合い方法。

結論的には、ガラケーと格安スマホの2台持ち、が現在の私。

1)ガラケー(以前から使用していたsamsungの折り畳み式)
ソフトバンクにシンプルスタイル、という契約方式があります。
いわゆるプリペイド式、です。
プリペイドチャージした分だけ電話を使える、という大変シンプルなプラン。
60日で3000円〜ですが、受け専用なら60日を越えても360日間電話番号をキープできます。
というわけで、電話番号を「月額250円」で維持するためにこれを持っています。

2)スマホ(友人からもらったi-phone5)
友人が新しい機種に買い替える時にもらった古いi-phoneに格安SIMを入れて使っています。
格安SIM会社はこだわりがなければはどこでもいいと思います。
私はたまたまAEONモバイルで、「SIMが何と9円!」というキャンペーン時に契約。
データSIM(1MB)プラン=月額480円
これにSMS利用代金、月額140円を追加しました。
※もちろん、1)のガラケーをやめて2)をデータSIMでなく、音声+データSIMに一本化してもいいと思います。(これだと最安で月額1,130円)

3)LINE電話
電話を掛ける時にはLINE電話を使っています。
無料通話分で事足りていますが、念のため500円ぐらいチャージ(利用期限ナシ)しています。

結果、私の月々の携帯代金は・・・
250円+480円+140円=870円♫

でも、でも、見る人が見たら、これって相当めんどくさい!!!!!!、ですよね〜(笑)。
でも、でも、私はそこを「オモシロイ」と思っちゃうタイプなんです(*´▽`*)。

さらっと飛ばしちゃってますが、上記スタイルを確立するために、まず、友人からもらったi-phoneに2つ改良を加えています。
1)バッテリーの交換(ネットで安く買って、自分でやった)
2)SIMゲタの購入、装着(SIMフリーでない機種だったので、格安SIMに対応させるため)

以上、すべて自己責任で、ですね。
(失敗するリスクもあります!)

にしても、インターネットの時代はすごいです。
各分野に先人たちがいっぱいおられます。
いろいろ検索して勉強させて頂きました。
こういうことを調べて、実行していくこのとのひとつひとつが私にとっては本当に面白くて!
「お得お値打ち教徒」とか言いながら、バッテリー購入代金(2980円)とかSIMゲタの代金(1480円)とか、かかっちゃってるんです(笑)。
でも、私にとってその部分は「娯楽」なわけですね。

そんなわけで、上記ステップが面倒ならば、やはり「大手キャリアに月1万円ぐらい払ったるわ〜」というスタイルもありですし、今は、格安SIM+格安アンドロイドスマホで、ガンガン使っても月額3000円〜5000円ぐらいとも聞きます。

自分のライフスタイルにあった、携帯&スマホライフを選べる、イイ時代になりましたね(*´▽`*)。
Let's お得お値打ち♫
posted by nana at 07:38| Comment(0) | お得お値打ち教徒の右往左往 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする