2018年08月29日

反省反省猛反省〜お得に潜む罠がある

旅用に少し今までより容量の大きい鞄を買おうと思いました。

欲しい商品が見つかって、「一番安いサイトで」購入しました。

偽ショッピングサイトでした。。。

(/o\)

細かく色々グチグチ書いていたんですけど、全部消しました。

ポイントはひとつ!

ネットショッピングが日常化しすぎてしまって根拠のない「ダイジョウブ感」が直感を凌駕してしまった。
「あれ?ちょっとおかしいかな」と何度か思ったのにスルーしてしまった。
問題はここです。
みなさん、残念ながら悪人もこの世には存在しています。
「変だな」と思ったら、踏みとどまって確認!
自分の直感を大切にしようと思ったダマサレ劇でした。

お金に関してはそこまで高額でなかったことと、自分の脇の甘さが引き起こした失態でもあるので「勉強代」と割り切りました。
ただ、そんなサイトがのうのうと残ってまた善意の誰かが被害を被ってしまうのは許せない!
何よりも、商品購入にあたって住所や電話番号を入力したので、個人情報流出による2次被害(勝手に自分の名前や住所を犯罪目的で使用される)がオソロシイ。
よって、警察に「被害届」を出すことにしました。

大きい警察署にダイレクトに行こうと思いましたが、旦那さんのアドバイスもあって、まずは地域の交番に「どういう手続きを踏んだらいいか」聞きに行きました。

で、結論的に言うと「被害届」ってそんなに簡単に出せないんですね〜。
今回の場合、先ず、先方に「内容確認証明」を送り(例えば、〇月×日までに、商品を送るか、代金の返金をしてくださいという書面)、その期日までにそれが実行されなければ、初めて、警察の担当部署にて被害届を出すかどうかの相談ができるとのこと。

なんだかなーと、ため息が出ました。
だって、偽の住所で架空の会社ってほぼ確定しているところに、形式を整えるだけのために内容確認証明の郵便を送る意味はあるのか、と。
「あて先不明」の証明をするために、1200円(内容証明郵便の最低額)を使うのも嫌だし、そこまで手間と時間をかけて、担当部署に提出しても「被害届」として受理してもらえるかどうかは最終的に警察の判断・・・。
被害者がその被害を証明するためにお金と時間をさらに使うのって、解せないよ。

スマホでそのサイトやメアドも見せて、すでにネット上では私以外にも被害の声があがってるんだから、「偽の会社で、偽のサイトですね」って個人より断然力のある警察が調べてくれればいいのに・・・という思いがぬぐえず。

結局私の訴えは「安全相談」という形で、警察の記録には残るそうなので、個人情報を悪用された時も(被害届ほどの効力はないでしょうが)いちおう証明できるかと思い、そのまま保留状態。

こんな風に書くと、警察に対する愚痴みたいだけど、一番悪いのは偽サイトの運営者だ!
もちろん、脇があまかった自分も悪い。

田舎でのほほーんと暮らしていても、プチ事件は起こります。
お得お値打ち教徒たるもの、自己防衛を怠ってはならぬと感じました。

以上、同じような被害者を出さないために、あえて自分の恥をさらした猛反省忘備録でした。

※同じ、ショッピングサイトで購入された方の「Yahoo知恵袋」でのQ&A
 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10193548650?__ysp=5YG96KmQ5qy644K144Kk44OI
 会社名も、代表者も違うのに、「LOVE BAG」というまったく同じ詐欺ショッピングサイト・・・
posted by nana at 07:56| Comment(0) | お得お値打ち教徒の右往左往 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

海外SIMは日本で調達していくことのススメ

旅好きな「お得お値打ち教徒」としましては、海外旅行時のモバイル料金も一考したいところ。
ぶっちゃけ、パッケージツアーで旅をするならそのまま日本の携帯を使うのが手間もかからず一番いいかと思います。
注;現地滞在中、日本にバンバン電話するとか、動画見まくりタイプの方は別です・・・(^^ゞ

私の場合、国内外問わず旅は「友人に会いに行く」というケースが多いので、現地在住の友人とコンタクトをとる為に、Free Wifi Spotだけでは正直心許ないことが多いです。
また、「海外に行く時ぐらいはオフラインで!」と思って(願って?)いる旦那クンも、仕事の都合上、FaceBookの更新やメールチェックができれば、結果的に帰国後の仕事量を抑えることができるので、いまや旅先でもスマホは手放せなくなっています。
まして、バックパッカー放浪系旅人さんなら尚更、安宿探しや手配、現地でできた友人とのやりとり、何と言っても緊急時!(←あってはならないですが、パスポートやクレジットカードを盗られてしまったりした時)にネット環境が整っていれば心強いですよね。

そこで、海外渡航予定のある「お得お値打ち教徒」諸氏には「SIMフリー携帯」+「現地のSIMカード」利用をオススメします!
え?
なんとも「あったり前」の結論で拍子抜けですね(笑)。
でも、みなさん意外に海外のSIMカードは「現地でしか買えない」と思ってないですか?
これだと、言葉の通じない海外でまずSIMカードを探すのにひと苦労してしまいます。
(言葉ができても、土地勘がない場所であれこれ探すのはタイムロスですよね。)

そこで、私のオススメは「日本で現地SIMを調達して旅立つ!」です。
最近は、Amazonなどで何と海外のSIMカードが普通に売られているんですよ。
しかも料金を見ると、現地で買うのと「ほぼ」同じくらい!!!
空港でSIMを探し歩くのと、着陸後すぐに携帯を使えるのと、どっちが便利でしょうか?
私は現地調達より多少高くても、手間を考えると日本でSIMを買っていた方が結果的に「お得お値打ち」だと思います。
例えば、現地在住の友人と市内のどこかで待ち合わせをしていた場合、渋滞に巻き込まれてどうにも遅れそう・・・なんて時、Free Wifi頼みでは相手と連絡をつけられません。
日本でSIMを調達していれば、日本に居る時同様、現地でも簡単に、しかも安く相手に連絡を取れます。

・・・おっと、この語り口はラジオショッピングに近いですね?(爆)

あくまで自分が使ってみて実際便利だったので、あとはご自身の好みと旅のスタイルでご判断をお願いします<(_ _)>

あと、もうひとつ。
こういうハナシになると、日本在住の人にとってハードルが高いのが「SIMフリースマホ本体」を手に入れることですよね。
大手キャリアに入っている方なら、ようやく日本でも規制緩和になって(細かい点は会社によって違うので割愛しますが)SIMロック解除を申し出れば、ロックを外してもらえるようになりました。
是非「お得お値打ち教徒」の方で、自分の携帯にSIMロックがかかったままの方は、キャリアに申し出て海外渡航前にSIMロックを解除してしまうことをオススメします。
しかし、この文章を最後まで読んでくださるような方は、最初から大手キャリアなどには目もくれず、コスパの高い「格安スマホのアンドロイド機種」という方が多いような・・・。
このケース、日本で購入したスマホの場合、SIMフリー化は相当ハードル高い・・・ですよね( ;∀;)。

あきらめてはいけません!
スマホがだめなら、Wifiルーターがあるさ♫です。
要はネットにつなげればいいのですから、「SIMフリーWifiルーター」を利用しちゃいましょう。
これがあれば、日本で海外SIMを買っておいて、現地着後SIMフリーWifiルーターにSIMを挿入し、ルーターを起動&設定(←設定の仕方は、事前にちゃんと調べて行ってね!)すれば(スマホ+ルーターで荷物は増えますが)SIMロックのスマホでもネット環境が整います。

 (*´▽`*)
  ↡
「・・・・・・」
  ↡
 (T_T)

え?
ですよね・・・。
それってわざわざ、「SIMフリーのWifiルーター」を買わなくちゃならないってことですよね(/o\)
(完全に、「お得お値打ち教徒」のするべきことではない。。。)
たまたま私は昔それ(E-mobileのGL-04P)を国内で使っていたために、手元にあったんで使えたんです。(SIMフリールーターと知らず、他キャリアに乗り換えて全く使っていなかったので、「使い道ナシ」として、「お宝」を捨ててしまうところでした・・・。ふぅ、危ない!)

なので、わざわざSIMフリーのWifiルーターを買ってまで、自分のSIMロックスマホを海外で使う必要があるのか?
それは、個人差ありだと思いますので、あなたにとってのお得お値打ちが一体どこにあるのか?
「よ〜く考えよ〜♫」

「頻繁に海外旅行をする」
「自分のスマホを海外でも日本同様に安く使いこなしたい」
以上のような方には、SIMフリーのWifiルーターを買うメリットがあるかもしれません。

「あんまり海外にはいかない」
「ホテルやカフェのWifiで十分」
以上の方には、決してオススメできません・・・。

後半、メインテーマからずれてしまいました。
今回の「お得お値打ち教徒」の右往左往はこれにてご無礼!<(_ _)>
posted by nana at 12:23| Comment(0) | お得お値打ち教徒の右往左往 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

電話代、毎月いくら?

便利な世の中ですね。
便利さは享受しつつ、固定費はできるだけ減らしたいのが「お得お値打ち教徒」です。

そして「便利すぎちゃってる」のも現代社会の特徴ですね。
「私に必要な便利は、一体どのくらい?」かを常に考えるのが「お得お値打ち教徒」への第一歩。

今回は、携帯電話編です。

そもそも私は電話をほとんど使いません(^^;)。
たぶん解約しちゃっても困らないレベル。
でも、なければないで不便なこともある。
そこで調べました。
私にピッタリの携帯電話とのお付き合い方法。

結論的には、ガラケーと格安スマホの2台持ち、が現在の私。

1)ガラケー(以前から使用していたsamsungの折り畳み式)
ソフトバンクにシンプルスタイル、という契約方式があります。
いわゆるプリペイド式、です。
プリペイドチャージした分だけ電話を使える、という大変シンプルなプラン。
60日で3000円〜ですが、受け専用なら60日を越えても360日間電話番号をキープできます。
というわけで、電話番号を「月額250円」で維持するためにこれを持っています。

2)スマホ(友人からもらったi-phone5)
友人が新しい機種に買い替える時にもらった古いi-phoneに格安SIMを入れて使っています。
格安SIM会社はこだわりがなければはどこでもいいと思います。
私はたまたまAEONモバイルで、「SIMが何と9円!」というキャンペーン時に契約。
データSIM(1MB)プラン=月額480円
これにSMS利用代金、月額140円を追加しました。
※もちろん、1)のガラケーをやめて2)をデータSIMでなく、音声+データSIMに一本化してもいいと思います。(これだと最安で月額1,130円)

3)LINE電話
電話を掛ける時にはLINE電話を使っています。
無料通話分で事足りていますが、念のため500円ぐらいチャージ(利用期限ナシ)しています。

結果、私の月々の携帯代金は・・・
250円+480円+140円=870円♫

でも、でも、見る人が見たら、これって相当めんどくさい!!!!!!、ですよね〜(笑)。
でも、でも、私はそこを「オモシロイ」と思っちゃうタイプなんです(*´▽`*)。

さらっと飛ばしちゃってますが、上記スタイルを確立するために、まず、友人からもらったi-phoneに2つ改良を加えています。
1)バッテリーの交換(ネットで安く買って、自分でやった)
2)SIMゲタの購入、装着(SIMフリーでない機種だったので、格安SIMに対応させるため)

以上、すべて自己責任で、ですね。
(失敗するリスクもあります!)

にしても、インターネットの時代はすごいです。
各分野に先人たちがいっぱいおられます。
いろいろ検索して勉強させて頂きました。
こういうことを調べて、実行していくこのとのひとつひとつが私にとっては本当に面白くて!
「お得お値打ち教徒」とか言いながら、バッテリー購入代金(2980円)とかSIMゲタの代金(1480円)とか、かかっちゃってるんです(笑)。
でも、私にとってその部分は「娯楽」なわけですね。

そんなわけで、上記ステップが面倒ならば、やはり「大手キャリアに月1万円ぐらい払ったるわ〜」というスタイルもありですし、今は、格安SIM+格安アンドロイドスマホで、ガンガン使っても月額3000円〜5000円ぐらいとも聞きます。

自分のライフスタイルにあった、携帯&スマホライフを選べる、イイ時代になりましたね(*´▽`*)。
Let's お得お値打ち♫
posted by nana at 07:38| Comment(0) | お得お値打ち教徒の右往左往 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする