2013年10月18日

好き好き、円空さん!

「なぬ、円空さんの仏像彫り体験ができる!?」

非電化仲間のメーリングリストから、メールの本題以外の「貴重な」情報を目撃し(笑)、
さっそく情報主「ぷーさん」にイベントの出所を教えてもらう。

岐阜・長良川の「温泉博覧会」のイベントの一環だとか。
おー、とにかく、こんな経験はめったにできない!と思い、
手仕事好きの母を巻き込み、迷わず申し込む。

で、当日。
図々しく、ぷーさんの代車に岐阜駅から母娘で便乗させてもらって、
円空さんのふるさとと言われる美並町に来ると、まちのあちこちに円空仏が!

P9260053.JPG

P9260061.JPG

おおおお!テンション、上りまっす!

円空彫を伝承する先生の解説のもと、円空さんゆかりのお寺、資料館などをめぐり、
円空さんが仏像を彫った祠へ向かう山道へ。
げげげ!なんという険しい道!!!

P9260062.JPG

「聞いてないよ〜」と荒れる母をなだめつつ、汗をかきかき到着!

P9260064.JPG

下山し、「念のため蛭がいないかチェックしてくださ〜い」と係の人の声。
「ん?」
ナメクジのミニサイズみたいなのが、我が足首に・・・。
周りを見回すと、どうやら私だけが蛭ちゃんをひきつけたらしい。
「写真撮っていいですか?」と皆さん。
蛭のおかげで、私「手タレ」ならぬ「脚タレ」になりました(苦笑)。

さぁ、お弁当を食べていよいよ掘るど〜!
P9270069.JPG

センセイの華麗なお手本です。
P9270071.JPG

そして参加者全員の完成品はコチラ!
P9270074.JPG

円空さんは「木端仏」といって、樹の切れ端にも魂が宿るという考えで、
こうした小さな仏像もたくさん彫られたそうです。

青空の下で、無心に鑿や彫刻刀を使う時間は本当にあっという間に過ぎて行きました。

南知多のお寺にも、2か所ほど円空仏があるようなので、円空ファンとしては
機会をみつけて是非行ってみたいなぁ〜と思っています!

2013年09月26日

Prost!!!!!

公式キャラクター.jpg
いよいよ!

シュトーレン.jpg
うー、いよいよ!

オブジェ.jpg
ん〜、いよいよ!

いりぐち.jpg
あ〜、いよいよ!

会場内.jpg
ぐぉ〜、いよいよ!

マース.jpg
はぁ〜、いよいよ!

乾杯.jpg
Prost!!!!!




2013年09月25日

いざ、出陣!

意外に思われるかもしれませんが、初のドイツ入りです。
目的はただ一つ・・・。

出入国管理官に「ドイツには何日滞在?」と聞かれ、「あと、3日です。」
と答えたところ、「たった3日?」と言うので。
「オクトーバーズフェストの為だけに来ました。」と。
「ビールが好きなのか?」と聞かれたので、
「Love Beer!!!!!」と。
そうしたら、ニッコリ笑って入国許可をくれました。

そうなのです。
私の人生で決してやり残してはならないこと。
それは、ビールの本場ドイツ、そしてドイツの中でもミュンヘンの
オクトーバーズフェストで飲まずしては、死んでも死にきれない・・・。

そのフェストへの参加が、いよいよ今日なのです!

しかも、今回は小樽時代の職場の先輩に声をかけてもらって、
みんな正真正銘のドイツビール好き「小樽ビール倶楽部」のお仲間とです。
ここ、私にとって、大きなPOINTでした。
安く来ようと思えば、長く来ようと思えば、いくらでも他の方法があるけれど、
ビールは誰と、どうやって飲むかも大事〜。
心からドイツ文化とビールを愛するメンバーと一緒に本場で「Prost!」できること。
たぶん、それは限りなくうれしい体験〜♪

それでは、いざ出陣!

2013年09月04日

駆け足で過ぎた8月

8月が駆け足で過ぎて行きました・・・。
プライベートと「ほどほど」業務がMIXしていて、記憶が混沌としているのですが・・・。

船友のサプライズ襲撃。
IMG_3094.JPG

旦那さまご一家の嬉しい来訪。
P8060017.JPG

結果、うちの兄一家+両親で、何と5世帯大集合!
P8050016.JPG

友人に便乗しての島旅。
P8160005.JPG

すっかりご無沙汰していた田んぼの草刈り。
IMG_3161.JPG

金沢の友、現る。
IMG_3128.JPG

あと、地元の体育館で上映された「しあわせのパン」を母と見てきました。
P8230019.JPG

大切なことをきちんと描いている、いい映画でした。
ただ、あんなに「オシャレ」な田舎暮らしが様になるのは、北海道だから?
はたまた、個人の資質?かなぁ・・・。
(いわゆる「季刊地域」とか、「田舎暮らしの本」とか、「スロウ」に載ってそうな〜。笑。)

そんなわけで、朝食の支度をさぼっての手抜きブログ更新でした♪
(許せ!ダンナ君!)

バイトに行ってくるッす!

2013年07月30日

「カレー」と「ほどビー」と「糠漬け」があれば・・・

鯛まつりも終わって、平静さを取り戻しつつある豊浜地区。
昨日は一雨来て少し涼しかったものの、今日はまた夏本番気候に逆戻り〜。
今日は実家からもらった有機野菜をふんだんに使って、久々に「ヒデンカレー」(秘伝カレー?非電化レー?)を作りました。
非電化工房弟子時代によく作った「ケララカレー」です。
横着してセロリもりんごもにんじんも入れず、家にあったトウモロコシ、ズッキーニ、バジルなどで代用しましたが、何々、ちゃんと「懐かしのアノ味」に近いではないか〜。
やっぱ、夏は汗かきながらカレーですね!

裏庭ではじめた「なんちゃって自然農」も、本当に「ちょびっと」ですが収穫を迎えています。
辛うじて収穫できているのは、空心菜(スープ3回分ぐらい)、おくら(3個だけ)、ナス(1本だけ)、しそ、バジルです。

これから、何とか頼むよ!と期待しているのが・・・

秋に向けてやっぱりナスでしょ!
P7180003.JPG

ビールのお共に必須の枝豆でしょ!
P7180006.JPG

赤いおひげがキュートなトウモロコシでしょ!
P7180005.JPG

無施肥・無農薬でここまで大きくなってくれたことに感謝しつつ、「おいしくな〜れ〜」と日々見守っております。

一方、うちの「ちょびっとなんちゃって自然農菜園」の収穫とは裏腹に、父のベテラン有機家庭菜園は絶好調のようで、大量のきゅうりが我が家にもたらされております・・・。

そこで!
仕込んだぜぃ、Myぬか床〜!!!
P7180002.JPG
実に、マカオ時代に日本食恋しさに手探りで仕込んで以来です(苦笑)。
今回は「小林カツ代さんレシピ」を参考に。
なんと、ぬか床づくりにビールを使うとな。。。
はい!
迷いなく、もちろん、酵母が活きてる「Myほどビー」の出番ですな!!!

バイトで汗いっぱいかいて、家帰ってすぐにシャワーを浴びて、ほどビーを飲みながら、きゅうりの糠漬けをつまむ至福の時・・・(涙)。
これで、何とか暑い夏も乗り切れそうです。
しかし、大家さんも残していってくれた立派なガラスの壺が、まさか「ぬか漬け容器」になっているとは思うまいなぁ〜(苦笑)。

2013年07月18日

「てまたの」と、「ともたの」と。

私の娯楽・・・といえば、「手間を愉しむ」コトです。
そんなわけで、田舎暮らしをせっかく始めたのだから、頂いた梅で作ってみましたよ〜。
「梅干し」
IMG_2925.JPG
ほかにも、びわのサワードリンクや赤しそドリンクを作って、ささやかながら、ほどほど業務に貢献!?(ゲストさんがチェックインするときに、ウエムカムドリンクとして、ダンナ君が使ってくれているみたいです。)

「何でも造ってみたい性格」はおそらく母譲りなのですが、大雑把で不器用な私と違って、母はナゼカ器用な人なので、こんな形に仕上がります。
P6230037.JPG

P6230004.JPG
「かもめのほどさん」携帯ストラップ。
番台に飾っておいたところ、マカオ時代の会社の後輩フナバちゃんのところに2体嫁に行き、ひとつは私が使っています。

7月に入り、我らが営むゲストハウス「ほどほど」には、ちょこちょことではありますが、連日お客様が途切れることなく、お越しくださってます。
ありがたや〜、ありがたや〜。
が、実はその半分は自分の友人達だったりする・・・。
でも、それって、考え方によっては本当にありがたいことだよね〜(しみじみ)。
というわけで、手間を愉しむ(てまたの)と同時に、「友と愉しむ」というわけで「ともたの!」。

遠路はるばる、鹿児島と福岡から来てくれたいーちゃんとりえさん。そのオトモダチの斎藤さんと一緒に、超〜暑い日に「常滑散策」したり・・・
IMG_2888.JPG
そうそう、アナウンス学校同期のさやかは相変わらず、月1ペースで遊びに来てくれて、今回はマクロビ料理人のいーちゃんと「酵素ドリンク」トークで盛り上がってましたね。

こないだドライブついでに立ち寄ってくれた大学の同級生の麗ちゃんと先輩の築さんは、満を持して、泊まりで「ほどほど」に遊びに来てくれました〜。
IMG_2904.JPG

他にも、7月7日には「七夕じゃぁぁ〜」とお客さんを勝手に巻き込んで、短冊に願いを書いていただいたり(笹がないので、中庭のナンテンの木に吊るしてますが・・・笑。)、篠島の花火の日にお客さんと一緒に南知多の先端「羽豆岬」から花火を観賞したり、超暑い日に耐えられずにカブを走らせて一人海水浴したり、まぁ、バイトの合間に結構「夏遊び」してますね〜(フムフム)。

昨夜は、大量のキュウリと格闘!?
実家の父が作ったキューリを「キューリのきゅーちゃん」に変身させております。

こうして「てまたの」「ともたの」の夏は、まだまだ続くのでありま〜す!

2013年07月05日

ウクレレ、レレレ♪

・・・というわけで、6月後半、ノリと勢いで行ってきました!
社員研修!?〜1泊2日in伊豆。

途中、天城峠でわさび田を覗き、
P6180011.JPG

温泉がわき出る公園で足湯につかり、
P6180017.JPG

下田でなまこ壁の建物をフムフムと眺め、
P6180020.JPG

目指すは今回の目的地!南伊豆ゲストハウス「KODOKODO」さん〜♪
P6180021.JPG
(こら、こら、なんで唯一の写真が軽トラやねん!)

おかみのよしえさんと、素敵なシェアごはん&語らいのひと時でした〜。
コドコドさんと言えば、「ウクレレの宿」としても有名。
最近めっきり楽器に触っていなかった私は、よしえさんの「アンサンブルは愉しいよ〜」の言葉に、合奏の犠牲者としてダンナ君を巻き込む決意をし、帰路につきました。

帰りはよしえさん一押しの「昭吉の湯」で、♪いい湯だなぁ〜と至福の時を過ごし、
P6190026.JPG
道中、ツーリングマップルの表記にひかれて「〇△食堂」に立ち寄って「名物小あじ寿司」をほおばり、(確かにうまかった、でも、値段の割に量が少なかった・・・涙。)
乗り物好きのダンナ君のリクエストにより、土肥から駿河湾フェリーに乗船(現在、半額キャンペーン中!)。

P6190032.JPG
県道223(ふじさん)の看板と、ホンモノ富士山を船内から楽しみました。

富士山の世界遺産登録で、静岡は盛り上がってますね〜。

P6190035.JPG
この日は雲も幻想的でした。

清水で下船後は、添乗員時代によく行った「エスパルズドリームプラザ」「三保の松原」「久能山いちご狩りゾーン」を車窓観光?(つまり、寄らずにスルーですね、笑。)で走り抜けて、無事に南知多の我が家までたどり着いたのでした〜。

年に1,2度社員研修旅行に行けるように、ぼちぼち踏ん張るどー!おー!

2013年07月02日

ご当選、おめでとうございます!

P6060015.JPG

悪徳商法?
いえいえ、開業前の悶々と悩んでいる時期に、気分転換でコメダのフリーペーパーに投稿したら、缶詰本が当たったようです。
忘れたころに、こういうのがやってくるのは嬉しいですね。
ツイてる!

さて、気が付けば7月。
どうしよう!6月は1件しか更新してないじゃん。。。(-_-;)

えー、6月は何があったかというと・・・

IMG_2653.JPG
曇り空の下、「ほどほど」常連のS嬢と潮干狩りを決行し・・・

IMG_2654.JPG
「あさりではない」貝を「狩り」・・・

食べられるかわからないので、ダンナ君が野間灯台付近にて・・・

IMG_2657.JPG
「青春のバカヤロ〜」と、リリース。
(のちに、「ほどほど」フェイスブックの書き込みで、食べられると教えていただく・・・。)

マカオ時代の仲間が、「鳥羽から伊良湖経由のフェリー」というマニアックルート(さすが、旅慣れてるね〜)で遊びにきてくれる。
IMG_2626.JPG

友人諸氏を送り出し、さーて!っと久々に我が家の裏庭を覗くと赤い物体が・・・。

IMG_2662.JPG
キャー!完熟の「すもも」じゃ〜ん♪
果樹を植えてくれて、ありがとう!と心の中で大家さんに手を合わせ、美味しくいただく。

そして、夕市を覗くと・・・

IMG_2660.JPG
キャー!めったに見ない鮑(しかも、1個1000円!)を発見!!!!!!!!!
海の近くに住んでてよかったぁぁぁ〜(涙)

そして、念願のコメ作りなのです。
自然農の田植えなのです。
ほどほどゲストさんも、一緒なのです。
みんな希望してくれて、自主参加なのです。
手植えなのです。

IMG_2679.JPG
もちろん疲れます。
でも、何とも愉しく、気持ちいいのですなぁ〜、コレが。

そんなこんなで、6月は過ぎて行き、後半にムフフの「ほどほど」社員研修が開催されたのでアリマス!
続きはまたね♪

2013年06月02日

カピバラへの郷愁

当ゲストハウス、「ほどほど」のキャラクターは「カモメのほどさん」です。
先日、小樽時代の仲間である欽ちゃん&亘クン夫妻がステキなモビールを送ってくれました。
P5240009.JPG
心憎いカッケープレゼント、本当にありがとう!!!!!

&先日、木工Loveな私の伯父さんが、「やじろべえほどさん」を作ってくださいました。
これまた、Special thanks!
P5240008.JPG

&あーんど、現在、Nanaママが面白がってさまざまな「ほどさん」Goodsを開発しています。
こちらはComing soon〜♪

でも、実は、ゲストハウス構想を妄想レベルで温めている時、キャラクターは「メガネをかけたカピバラさん」をイメージしていました。
なぜ、カピバラなのか。
<理由>
・ぬぼーっとしている感じが、ダンナ君に似ている。
・メガネをかけたら、もっと似るのではないか。
・のんびりした感じが「ほどほど」の屋号にぴったりなのではないか。
・私もダンナ君もカピバラさん同様、温泉好き(・・・こじつけ!?笑)。
と、実際にフライヤーを作る段になって何枚かスケッチをしてみたものの、ま〜ったく可愛いイラストが描けず・・・・。

結局、開業地が決まらず実家で悶々としていたころ、散歩をしていた時にカモメがたくさん飛んでいて、それをチョコチョコ書いてみたら太っちょカモメの「ほどさん」が誕生した!(ヒヨコじゃないよ、カモメだよ!)というわけなのです。

でも、やっぱり、今でも「ゆる〜い」感じのカピバラ大好き〜♪
そんな私に、ダンナ君が近所のスーパー「ヤナギ」でこんなブツを見つけてきたっ!!!kapibara.JPG
おおおおおおおおおおおおおおおお〜。
なんとっつ、カピバララーメンっつつ!!!
「ゆず風味しょうゆ味」

・・・・。
私:「ゆず風味なら塩味の方が絶対合うよね!」
ダンナ君:「無言(どうでもいい)」

ちなみにダンナ君、写真は撮ってきてくれたけど、購入までには至らなかったようで、実際のお味はいかほどか未知数です。
ちょいと調べてみたところ、「カピバララーメン」は「キリンラーメン」というご当地ラーメンでおなじみの愛知県の小笠原製粉さんが、動物園に依頼されて作ったようです。
関連記事はコチラ⇒http://www.excite.co.jp/News/bit/E1368758536279.html
なるほど・・・。
しょうゆ味はカピバラ「ブラウン」ってわけっすか・・・。

こんどヤナギに行ったら、とりあえず即買いデス!!!
しかーし、小笠原製粉さん、なにとぞ次は「ほどほど」の為に「カモメラーメン」を〜!!!

2013年05月30日

ぢきゅう人的休日の過ごし方

これな〜んだ?
P5200001.JPG

ヒント!
P5210003.JPG

わかります?
じつは「にんじんの葉」で、お茶を作ってみました!
アイディアは6期地創塾の場で尾崎さんが披露したネタ。

先日、地元の若手有機農家のぶっちゃさんが遊びに来てくれたときに、サラダ用のにんじんをいただき、その葉があまりに立派で捨てるのが忍びなくて、尾崎さんのアイディアを思い出したわけです。
晴天率の高い南知多。
ステンレスのボウルに入れて、ひたすら、ひたすら、ひたすら、天日干し(=放置、ともいいます。笑)。
ま、そのうち赤羽の秀にいさんが、コンパクトなソーラードライヤーを開発してくれる!でしょう。

乾燥してくると、葉がポロポロになって勝手に外れます。
外れない子は、ハサミでチョキン!

で、フライパンで焙煎?のつもりで乾煎り。
結果、あのような形状になりました。

味は、まぁ、はっきりいって「お茶っぽい正体不明なお茶〜」といった感じ?ですが、自分で創ればなんでもおいしいのよね〜。
わさわさあったにんじんの葉っぱが、乾燥→焙煎を経て超コンパクトになってゆくのが、面白かったです〜。

ほどほど(放置)農場(=裏庭)では、ナスとらっかせい、バジルの発芽を確認しました!
その後、久々に行った父の畑で「手伝わないやつには食わせん!」と言われながらも、じゃがいもや小カブを収穫し(笑)、篠島からふらりと立ち寄ってくださった昌幸くんの仲間(ゲストハウス開業に燃える、スーパーおばちゃま)からは自家製の小女子の佃煮をいただき、大地の恵み、海の恵みに感謝!感謝!の休日となりました。

おっと、それだけにとどまらず・・・
ぢきゅう人的休日作業の〆は・・・「ほどビー」の仕込みでした!
はい。
夏です!夏のドリンクといえば、「アレ」ですね。
仕事のあとの一杯!
風呂上がりの一杯!
仲間とワイワイ一杯!
ってなわけで、「ほどビー」量産体制に入りますっ!!!!!!!!!!!!!!!

あ、ちなみに「ぢきゅう人」というコトバはたのしあわせ研究所の沓名さんのコピー“レフト”です♪
いい言葉はどんどん広めちゃいましょう〜。

2013年05月26日

発芽ぁぁぁぁぁ〜

裏庭に植えた野菜の種たち。
(アンチF1種!ということで、野口のタネさんで買いましたっ!!!目指せ自家採取〜)
んがぁ、自然農とは形ばかり。
開店のバタバタで土づくりなどできているはずもなく、大胆にも直植え・・・。

しかし、発芽ぁぁぁぁぁぁぁぁ〜
嬉しいっす!(うるうる)

枝豆.JPG
「枝豆」さん♪

キュウリ.JPG
「地這いキュウリ」ちゃん♪

菜芯.JPG
マカオで憶えた美味しい野菜、「菜芯」さん♪

みんな、みんな、大きくなぁれ〜、おいしくなぁれ〜。

2013年05月16日

ありがとう、ありがとう、ありがとう!

お久しぶりぶりです。

私のブログは「ほどほど」開業前で止まっている、とダンナ君や実母に指摘され、
重い腰を?上げました(笑)。

ダンナ君はブログ更新がお仕事になったので、毎日がんばって書いていて、
私はといえば、仕事から帰って、それを読んで満足してビール飲んで、
寝る・・・という・・・。
はい。
日本の典型的お父さん状態なのでアリマス(笑)。

大分我が家にも、リズム?といいますか、役割分担ができてきました。
私⇒外貨の獲得(パート)、お料理&食材ならびにお酒管理(笑)、ささやかな自給農(予定)
ダンナ君⇒ゲストハウス業務全般、お料理以外の主夫(お掃除、お洗濯など)

お互い無理のないよう「ほどほど」に支えあいながら、やっています。

5月1日の開業日には、開業前のお手伝いにも来てくれたアナウンス学校の同期や、
添乗員時代の先輩が「第一号ゲストになるぞ!」と駆けつけてくれました。
ありがたや〜、ありがたや〜。

あと、GW明けには大須で包子店を営む大学時代の仲間もファミリーで駆けつけてくれました。
これまた、ありがたや〜、ありがたや〜。

そうだそうだ、非電化工房で仲間になった「地方で仕事を創る塾」6期の皆さんは「ほどほど」
で同窓会&勉強会も開いてくれました。
これまた、ありがたや〜、ありがたや〜。

そして、そして、開業日には本当にたくさんの先達や仲間、友人からお祝いのお花やお品を
贈っていただきました。
大学時代の恩師や同級生だったり、アナウンス学校の同期だったり、小樽時代の仲間たちだったり、マカオ時代の上司や同僚、金沢時代にお世話になった方、ピースボートのベンチャー大学の仲間、非電化工房時代の仲間、九州のゲストハウスのオーナーさん、家族や親戚、
自分の「過去」が「気持ち」になって羽をつけて「ほどほど」に飛んできてくれました。

不器用ながらにこれまでエイコラサ、ヨッコイショ〜と奮闘してきて本当によかったなぁ〜と
思った瞬間でした。
と同時に、本当にいろんな人に心配をかけ、支えられてこれまで生きてきたのだな〜とも。

すべてのご縁と愛情に、心から感謝!!!!!!!です。

また、一昨日、昨日と、ダンナ君にゲストハウスのいろはを教えてくださったお師匠さんが
わざわざ阿蘇から「ほどほど」に遊びに来てくださいました。
彼にとって「自分の」ゲストハウスに大好きなお師匠さんを迎えることができたのは、夢のような話。
彼はずーっと感動で「ウルウル」してましたヨ(笑)。

「石橋を叩いて壊す」人生を送ってきたダンナ君。
初めて「石橋をたたき壊す前に渡りきる」ことができたみたいです。

もちろん、開業したのはスタートに過ぎなくて、大切なのはこれからなのだということを、
私たちは十分にわかっているつもりです。
開業時に皆さんに頂いたたくさんのお気持ちを無にしないためにも、「ほどほど」をゲスト
さんに可愛がってもらえる素敵空間に、焦らずゆっくり育てて行きたいなぁな〜と思っています。

長くなりました。
写真等はひとつ、ダンナ君のブログをご参考に・・・。
ぼちぼちバイトに行ってきます!

2013年04月21日

再会ラッシュ

4月に入って、めまぐるしく日々が過ぎて行きます。

仲間の力添えで、駐輪場が完成しました(涙)。
SHAKO.JPG
ふすまの張替えも終わりました(涙)。

Marie.JPG
タイから子連れで一時帰国した友人に会い、
(何年ぶりか忘れてしまうぐらい、久しぶり・・・。)

Misa.JPG
千歳からゲストハウス開業前のお手伝いに来てくれた雪ん娘(!?)に助けられ、
(これまた、何年ぶりだろう・・・)

念願の自然農での米作りの始めの一歩を記し、
Tanbo.JPG

アナウンス学校の同窓会(10年ぶりの再会!)で、みんなの「変わってなさ」におののき、TTC.JPG

今日も、お手伝いに来てくれた気持ちのいい若者たちに助けられ、
めまぐるしい日々のなかで、私も、ゲストハウス「ほどほど」も成長しております。

「ほどほど」という屋号には色んな意味を込めたつもりですが、
イチバン私の気持ちに近いのは「足るを知る」暮らしをしたいということ。
でも、説明しようとすればするほど「お固く」、やもすれば「お仕着せがましく」なってしまう。
ダンナ君がうまい表現をみつけたようで、ほどほどのコンセプトとして、「日々の小さな仕合わせを大切に積み重ねていく暮らし」という説明を、各ゲストハウスのオーナーさんに送る送り状に書いていました。
なかなか的を射ているかも。

そんなわけで、そんなわけです。
では、また!

2013年04月02日

「寄り道、道草、遠回り。のんびり生きましょ、長い人生。」

「みゆき」に涙した、ティーンエイジャーの頃。
「鹿島みゆき」の台詞に、ぐっと来た。
自分(鹿島みゆき)、めっちゃ賢いのに、付き合ってる男子(若松正人)の為に、浪人しちゃうなんて・・・。
(表題、その時の決めゼリフ。)
で、最終的に、付き合ってる男子の血の繋がってない妹(若松みゆき)に恋人を奪われるなんて・・・。
「納得いかねぇ!!!!!!!!!!!」と。

ま、これだけ書いておきながら、前フリは何の関係もありません。
「ほどほど」立ち上げのために新居のお片づけもろもろに全力投球!しなければならない、
バイトのお休みDAY。
しなくてはイケナイはずが、課外活動に・・・と、いう口実を探していたところ、
「鹿島みゆき嬢」の表題の台詞が降ってきました。
「寄り道、道草、遠回り。のんびり生きましょ、長い人生。」
いわゆる、自己正当化、っちゅうヤツですね。ハイ。

というわけで、「季の野の台所」さん主催の「藤野電力」さんの出張、太陽熱発電WSに参加に続いて、
P3220002.JPG

「パーマカルチャー中部」の皆さん主催で安曇野シャンティクティ臼井健さんを招いての
「コンポストトイレWS」に参加。
P3240032.JPG

「愉しい・・・」でも、ちょっと休みに詰め込みすぎでお疲れモードでもある・・・。

「スローライフは忙しい」
非電化工房副代表、研介さんの台詞がよみがえる、今日この頃です。

2013年03月18日

春一番

気がつけば、3月も半ばを過ぎました。
数日前に、誕生日を向かえ38になりました。
一昨年は旅先のローマ、昨年は相方のふるさと金沢。
今年は父母の移住先であり、私たちの移住先にもなる南知多で誕生日を迎えました。
こんどこそ、定住する(つもり。はずだ。きっと。)

前回宣言したように、3月から「外貨」を稼ぎに出ることにしました。
(「外貨」という表現ゆえ、何人かの方に「また海外に?」との誤解を与えてしまいました。
自営収入ではなく、出稼ぎ収入という意味で「外貨」と。
わかりにくい比喩で、スンマセン・・・。)

実は、最初に決めた勤務先をたった「1日」で即退職(笑)。
パートとはいえ、ダメなものはダメですなぁ〜(しみじみ)。
基本的に働くのダイスキ♪な私は、これまでは「仕事=人生をかけるもの」でしたので、
今回初めてダウンシフトして、「ほどほど」の仕事を選ぶという体験をしたために、
ちょっと、選び方を間違えちゃいました。
結果的には、ココロの危険信号を察知し、早めに引き返せてよかったです。
おかげさまで、縁あると思える次の仕事にスグ出会えて、今のところそちらでのお仕事が
「ほどほど」に愉しくて、めでたしめでたしで働いています。
(はい。カラダがなまっていたので、ちょっと筋肉痛ではありますが・・・。笑。)

一旦「カフェバー」の看板は取り下げ、ゲストハウス運営に1本化、全力投球することに
しましたが、ココロの中で「“ほどほど号”プロジェクト」を温めはじめました。
ふふふふふふ。
今の物件でカフェバーするのが難しけりゃア、車で移動販売すればいいじゃん♪という野望です。
ミニマム主義信奉者で、昔から屋台を見ると無条件にワクワクする私には、あながち
間違ってない選択肢かもしれない!と、悦に入っていたりします。
先日、ダンナ君の実家である金沢に一時帰郷した際、ダンナ君の友人で移動オーガニック
カフェをなさっている「旅カフェ」さんに実際に車両の中を見せてもらいました。
P3030011.JPG
(惜しみなく情報提供してくださる、ほっしーさんが女神様に見えました。キラキラ☆)
クリキンデイで研修中も「イベント出店の方が集客がいい」ことも実地で学ばせてもらって
いたんで、なかなか良いなぞなぞの解き方かもしれないど〜(妄想レベルでは)。

ま、正直、今はあたらしいお仕事を覚えるので手一杯です(汗)し、ゲストハウス物件の
本契約が済んだら引越しやナンヤカンヤでバタバタすると思うので、あくまで「育む想い」というレベルですが。

そんなこんなで私の心もようやくちょっとずつ、温暖な春を迎えております。
びゅーびゅー南風が吹き荒れ、今日「春一番」を観測した愛知県。
満開の梅、ウグイスの鳴き声、ここ南知多にも春は確実にやってきているのでアリマス。

ちなみに、ダンナ君は今、阿蘇に行っています。
以前ヘルパーでお世話になったゲストハウスで、今度は開業直前!経営者研修!?です。
「おっとっとっと、また勉強!?!?」とも思いましたが、予想以上に長引いてしまった
助走期間でたるんでしまったココロ&カラダに「ネジを巻く」には丁度よかったようです。
(いずれにしても物件の契約は4月以降ですし・・・。)
何はともあれ、困ったときに支えてくださる方がいるというのは本当に有難いことです。
怖がりのダンナ君を励まし続けてくれる、阿蘇のゲストハウスのオーナーさんに感謝!!!
そして、応援してくださっている友人の皆々様にも、本当に感謝の気持ちでいっぱいなのでアリマス。

私も今日は製作途中だった「ほどほど」暖簾を仕上げました。
(ヨロヨロな縫い目は、この際見なかったことにしよう・・・。)
そして、明日はバイトですよ。がんば、がんば!

では、皆様も日に日に春めくこの季節をおたのしみ下さい〜。

追伸:
知多のステキの極みカフェ「ひとつむぎ」のオーナーさんにお借りした本が、素晴らしくイイ。
「呪いの時代」内田樹
うーん。このロジックはすごいナァ。私なんか“自分らしさ”という「呪い」にかけられて
しまってた一人だわ。
「呪い」っていうタイトルから想像するとオドロオドロシイ内容を想像してしまうかもしれない
けれど、全然違ってこの本は「新書」みたいな読み物です。
見方によっては「哲学書」とも言えるかな。
(まだ、読んでる途中だけど)個人的に最近ヤラレてしまった一冊です。

2013年02月23日

春近し!?!

P1080118.JPG

知多は常滑の巨大招き猫、です。
仕合わせ来い来いやって来い〜♪

どうも!
随分ご無沙汰でした。
ごめんなさい。

決めました。
ジタバタしながら、許認可関係の外堀を少しずつ埋めて、ダンナ君の回復を待ちつつ、
とりあえず他に明確な候補地や候補物件が無い以上「今ある物件が縁ある物件」と。
ダンナ君は短期間でしたが自分の実家に帰り、「家族の中での自分の役割」のようなものを
考え、私とは違った角度から現状を見つめ、決断に至ったようです。
結果、南知多の空家バンク物件の本契約に向けて動き出しております。

当初はゲストハウス&カフェバーで考えていましたが、「みんなに喜んでもらえる場作り」を
夫婦の共通目標として1本化し、先ずは「ゲストハウス」立ち上げに集中することにしました。
洋上ベンチャー大学の井上学長の教え、「選択と集中」です。

今回のことで、私は自己認識を深く改めることになりました。
生意気にもこれまで「そこそこ仕事ができる」と思っていましたが、
それは、あくまで与えられた枠の中で。
自分でゼロから仕組みを作り、それを「生業」としていくムズカシさを、
わかっているつもりでわかっていませんでした。
まして、パートナーと歩調をあわせて、ものごとを決めていくことが
どんなにタイヘンなコトなのかを!!!
「2人なら、1人でするより苦手な部分を補い合えていいじゃん!」ってな具合の、
甘〜い認識でした・・・。
「家族関係は命がけの大事業である」とは河合隼雄先生の名言です。

じっとしていられない私は、ゲストハウス立ち上げの準備にももちろん関わりながら、
縁とタイミングが合えば3月から外貨を稼ぎに出る(バイトに出る)つもりでおります。

そんなわけで、大分交通整理ができて、こころのモヤモヤが晴れてきました。

「決めたら、後は愉しむだけ」
いつだったかふと思いつきで手帳に走り書きした一言を、実践に移そう。
心地よく、機嫌よく、生きていこう。
先ずは自分の為に、そして家族の為に、モチロン仲間の為に、んでもって、これから出会うゲストさんのために!