2018年10月05日

■魔王/伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品は、読んだことない本を図書館でみかけたら、とりあえず、借りてみることにしている。
期待外れだったことが一度もなくて、すごい作家さんだなぁと思う。
(単純に私の好みというだけかもしれないけど(^^;))

先日、旅のお供の単行本を探していて読んでない伊坂作品があった。
それが「魔王」。

タイトルから、音楽がテーマ?と思ったけど、なんと!世の右傾化をうまく小説にしている作品。
およそ10年前の著作なのに全くもって古さを感じさせない。
ご本人は「政治的なメッセージはない」と、あとがきに書いておられるが、
そこは読み手の判断に委ねるところなのでしょう。

まったくもってうちと同じ理由で、テレビをあえて置かない夫婦が出てきたりして、共感スイッチ押されてしまう。

やっぱ好きです。伊坂作品。
posted by nana at 17:01| Comment(0) | 本を読むのが好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。