2017年02月17日

■毒沢鉱泉「神の湯」

IMG_3793.JPG

・長野県
・2017年2月
・個性的なお湯でした。
・立ち寄り湯で利用
・源泉温度が低いので加温されていますが、泉質の良さがすばらしい。“飲料泉”を「マズくないじゃん」と感じたのはここが初めてかも。武田信玄の隠し湯とあり、その由来をフムフムと読ませていただきました。鉱物が貴重な戦国時代、鉄があるのを隠すため信玄がわざと「毒が流れる沢」とのうわさを広め、他の戦国武将からこの地を隠したので「毒沢温泉」との名前がついたのだとか。へー!
余談ですが、休憩室のソファがゆったりでゆっくりくつろげたのもよかったです(*^_^*)。

IMG_3796.JPG

IMG_3794.JPG
[温泉成分表、ピンボケですんません(^^ゞ]
posted by nana at 15:09| Comment(0) | 旅に出るのが好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。