2015年04月14日

不惑を食べ呑み尽くした3月

3月1日、念願の澤田酒造さん蔵開きに初参加〜♪
しかぁし、旦那様は鬱MAXの「ヤサグレ男」につき、私に向けられる会話は常に挑発調、それに拍車を掛けるように降りしきる雨・雨・雨。。。
そう!こんな心モヤモヤな日にこそ酒はありがたきもの。
IMG_2632.JPG
「ヤサグレ」状態でありながら、呑兵衛の私を送迎してくれるんだから、文句言っちゃダメ子さん。
しぼりたての生原酒の味とともに、振り返ればたまの夫婦喧嘩(意地の張り合い)もいい思い出です(^^ゞ。
P2280002.JPG
(↑お土産でもらった、常滑焼のぐい吞み)

そして3月。
私はついに不惑の40歳となりました。
とはいえ、30歳になった時よりジタバタ感はなく「あ、40か。」ぐらいの越境感想というのが正直なところ。
でも、せっかくだからそれにかこつけて、美味しいものを食べたい!というわけで、実家の父母も一緒に牡蠣の本場「浦村」へ!!!
IMG_2846.JPG
焼き牡蠣からの〜
IMG_2847.JPG
生牡蠣〜♪
敢えて浦村名物の「食べ放題」をチョイスしなかったのは、この「生ガキ」も存分に食べたかったから。
(食べ放題に「生ガキ」は基本的にはついていない。)
調味料やお酒類も持ち込みOKなのが、浦村のかき小屋のスバラシイところですね。
ここでも、飲んべいの家族のためにハンドルキーパーを買って出てくれたのは旦那君です。
ありがたや〜、ありがたや〜。

そんな旦那君の希望で、近くにある「海の博物館」にも立寄りました。
P3150018.JPG

その後、帰りついでによった三重県内の温泉も、町営で値段が安いにも関わらず無料でレンタルタオルがついて、かつ何といっても泉質バツグンで最高!でした。
(にも関わらず、温泉の名前を忘れたという・・・)

さらに、「お誕生日にかこつけて」企画は続きます(笑)。
3月生まれの母をお誕生日当日に再び誘い出し、「ランチおごるでー」ということで、ずっと気になっていた、野間の釜飯屋さんに行ってきました。
P3190034.JPG
オシャレな外観。
P3190029.JPG
海を見ながら釜飯、の図。
正直、「1回行けばいいかな」というのが地元民である母娘共通の感想でしたが、遠方から来た人をおもてなしするにはいいお店だな、と思いました。

その他、「ほどほど」的にも非電化工房の仲間の同窓会や、ピースボートの水彩仲間の訪問もあり、にぎやかで愉しかったです。
(旦那君によると、この3月は開業以来、月間の宿泊人数が過去最高だったようです。ありがたや〜、ありがたや〜ヽ(^o^)丿の3月でございました。)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。