2007年05月05日

とっても走りやすい“フルーツ街道”は50キロ規制なのだ

美国に、一泊二日でいってきました。
中国語をわかる方は、「え!!一泊二日でアメリカに!?!?」
なんて思ってしまうかもしれませんが、積丹半島の地名です(笑)。

金曜日の勤務後、バイクで友人と「おいしいものを食べるぞ!」と、
一路、初めての民宿「一与」さんへGo!
食べきれない、夕食&朝食に大満足!!!
あわびの刺身、旨かった・・・(感涙)。

今日は、まず美国散策で、近くの「黄金岬」につながる遊歩道へ。
春のお花が、キレイキレイ。

koganemisaki-hana.jpg

そして、辿りついた岬の先端からの景色はまさに、「積丹ブルー」!

shakotan-blue.jpg

陸から海の景色を満喫しました。
そして、美国神社でお参りをしたあとは、今度は海から陸の景色を楽しむ、
「ニューしゃこたん号」に乗船しました。
この船はグラスボートなので、海中のウニや魚も見ることができます。
ちょっと曇りがちだった空も晴れてきて、船上からの景色も堪能!

その後、看板を見て気になっていた「松山千春さんゆかりの碑」の謎を解きに、
美国小学校跡地へ。

chiharu-jichan.jpg

千春さんの曽祖父さんが亡くなった地が美国であることを知りました。

その後は、地元のお豆腐屋さんで「寄せ豆腐」を買って、帰路へ。
帰りに「フルーツパーク仁木」に立ち寄り、温室を散策。

a-mondo.jpg

この花、何だと思います?
桜じゃないのですよ。アーモンドの花です。
昔、実家の庭に植わっていた花なので懐かしく鑑賞しました。
その後は、フルーツパークの展望台へ。

niki.jpg

ここでも後志の山並み&白い雲が楽しめました。
しかし、なぜに展望台のあるところまで上ってきたかといいますと、
実はフルーツパーク名物の「ローラーすべり台」に挑戦するため!
子供たちに交じってギャーギャー楽しみました。

「いやぁ〜、いい旅だったぁ」と大満足で、小樽へ帰る途中・・・。
草むらに赤いモノが。。。
「あ!パトカー!!!!」と思ったときには時既に遅し・・・。
フルーツ街道は、「パトカーさんの漁場」であることを忘れていました・・・。

まぁ、事故や怪我でなく、罰金で済んでよかったと思い込むよう努力するので、
ぜひ、お支払いする12000円の違反金は、裏金にして欲しくない!!!と、
切に思うのです。

おまわりさん、よろしく!
私も反省しますから・・・。
posted by nana at 18:54| 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ(>_<)
私も同じ経験が。。。
Posted by ペグログ at 2007年05月05日 19:41
存じ上げております。
「家政婦は見た!」ならぬ、「同乗者は見た!」(笑)
Posted by nana at 2007年05月05日 20:19
たしか記憶違いでなければアーモンドは中国語で扁桃ではなかったかな?
で 形が似ているので扁桃腺って名前がついたと以前に聞いた憶えがある
一萬二千円… ん〜痛いね
一萬二千円 食費を節約して違反ダイエットと思うしかないかな〜
Posted by るをばむ at 2007年05月05日 21:08
すごいですね、るおばむさん。
まさしく、中国語で「扁桃」です!
“扁桃腺”の由来と言うのは、知りませんでした。
トリビアさせていただきました!

そして、違反ダイエット!参考にさせていただきまする・・・(笑)。
Posted by nana at 2007年05月06日 06:43
「美国」
ななちゃんのことだから、一瞬アメリカかと思って驚いたよ。
昔、中国で知り合った女の子が「美元」って名前で驚いたことを思い出しました。
Posted by akitama at 2007年05月06日 08:13
やあやあ、あきたま殿。
楽しいGWを過ごされたようですナ!

さすがに破天荒な私でも、一泊二日のアメリカはきついっっす!(笑)

ぜんぜん関係ないけど、映画「ハッピーフィート」を見て、ペンギン→南極→あきたま夫妻を思い出しましたヨ(連想ゲーム!?)。

書き込みありがとね!
また、連絡しますー。
Posted by nana at 2007年05月06日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40861716

この記事へのトラックバック