2007年04月14日

なごり雪

行く冬を惜しむように、小樽ではみぞれ交じりの雪が降っています。いや、正確には「みぞれ交じりの雨」と言ったほうがいいかしら?

木曜日にバイクをピックアップして行動範囲が広がったので、今日は弛みきった体を覚醒させるべく、泳ぎに行こうと思ったのだけど、空を眺めて、スイッチが晴耕雨読モードに切り替わり、午前中はまったり読書にふけることにしました。

私は、本を衝動買いします。
10代の頃は同様にCDを買い漁っていたけれど、どういうわけか20代の中ごろからは、音楽CDはピタッと買わなくなり、その分本を買うようになりました。

よほど気に入った本でないと、読み返すことがあまりないので、一度読んだ本はどんどん活用されずにホコリをかぶってたまっていく一方。だいたい、ダンボールに一箱ぐらいたまったところでいつも古本屋さんに持っていきます。

現金化するのが目的ではなく、「モノ」は活用してナンボというのが私の考えて、ホコリかぶってるより、この本たちは「読みたい」という人にもらわれていくのがイチバンだなぁと思うのです。
今回も、ダンボールにたまった本たちを眺めて、そろそろ彼女らをお嫁に出す時期がきたかしら、と思ってます。

衝動買いした本の表題を見ていると、その時の自分の心の動きが感じられて非常に愉快です。どうしても(私には)つまらなく感じられて最後まで読破できなかった本や、「今だったら絶対買わないなぁ」という本、同じ作家の本がまとまってると「あー、あの頃ハマってたんだな」とか。
自分のプチ「思想変遷史」を他人事のように眺めるというか、木の年輪を確認するように、自分の思いを辿るというか。
その作業が、なんとも面白いのです。

生まれてから死ぬまでに合える人の数は限られているけれど、「本」を使えば、あるひとの思いに直結できるわけだから、たくさんの人に会ってる感覚。
私は欲張りだから、会えない人にも「会いたく」思い、濫読を続けるのでしょう。
まぁ、こんなふうに書くと気取り屋さんみたいだけど、カッコイイものでも何でもなくて、ゲーム好きな人が自然にゲームに手が伸びるように、演奏好きの人が自然に楽器に手が伸びるように、みんな自分の好きなものに結局は帰結していくんでしょうね。

なごり雪の舞う、お休みの穏やかな朝、
あなたがつい自然に手を伸ばしてしまうものは何でしょうか?
posted by nana at 10:37| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 小樽DAYS(2004年5月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
つい手がのびる などという話を聞くと、どうしても食い物を連想してしまう
菜々さんがよく放送で使う「こ腹がすく」なんてのは典型で 手がのびる事を予想して「こ腹がすいた」時のための食い物を用意してしまうのが食習慣としては「それってどおよ?」ってスーパーなんかで買い物をしている女性のショッピングカートに感じたりもするが(実際、晩のおかずより多かったりする…)
るをばむ的には つい手がのびるって あんまり無いかもしれないな
特に活字が苦手なわたくし 読みたいと思いつつも本にはなかなか手がでない
ところで菜々さん「冷血」は読んだ?
Posted by るをばむ at 2007年04月20日 20:08
るおばむどの、書き込みどうもっす!
私は食いしん坊ですが、実は、あんまり「お菓子」の類には手が伸びないタイプです。
で、何でこんなに太るかは不明です(笑)

そうそう。お借りしたカポーティの「冷血」は、まだ読んでないのです・・・。ごーめんなさい、ごーめんなさい。「ウエーブ」が小説モードに入ったら、読もうと思っています。

追伸
先日の(番組への)質問。
「選挙公報」の件ですが、なんと!市町村レベルの選挙の場合、義務でないのね。小樽市は、条例制定してないから、選挙公報出て無いみたいなの!!!
これまたうっかり発言、ごーめんなさい。ごーめんなさい。
早く、小樽市も条例制定したほうがいいと思うわ。(小樽もあるもんだとばかり、思ってましたわ。)
D新聞には数日に渡って特集が載ってるので、各議員候補の主張がわかるけど、Y新聞はでてないもんね・・・。
Posted by nana at 2007年04月21日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック