2012年10月10日

適正規模

画像-0524.jpg
少しの時間でしたが、ゆっくり村の自給用田んぼの稲刈りをさせてもらいました。
時折、空を仰ぎながらする稲刈りは、本当に心地よい時間でした。

最近、以前にも増して「適正規模」の大切さを痛感します。
人力で愉しくできる範囲の自給農。
夫婦二人でできる範囲のビジネス(=店&宿づくり)。

昨日、クリキンデイはお店をおやすみにして「トータル・ゲーム」という経営シュミレーション研修をスタッフ全員で行いました。

私が出店したカフェ&バー「ほどほど」は景気状況に少しは左右されましたが、「ほどほど」経営でささやかな黒字計上でゲームを終了できました。

やっぱり「ほどほど」がちょうどいい、適正規模って大切だよな〜、大事にしたいな〜と私は思うのです。
posted by nana at 05:49| Comment(0) | 赤村DAYS(2012年10月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。