2010年12月17日

“開開”“心心”

“開心”は中国語で、うれしい!楽しい!という意味ですね。
そんな名前のパンダが大陸から、マカオにいよいよ明日18日やってまいります。

ShowFile[1].jpg

パンダなんて日本にもいるし、お隣香港にもいるし、珍しくもなんともない!?

・・・まぁ、そう言わないでください。

12月20日はマカオがポルトガルから返還された記念日。
昨年の12月19日、返還10周年の記念のパーティーで中国の胡主席が
「記念にマカオにパンダを贈りましょ!」ってな具合で決めたモンだから、
命名の公募から始まり、この一年、マカオは「パンダお迎え」モードに染まっておりました。

その到着がいよいよ明日というワケです。

コロアンの「石排湾公園」にりーっぱなパンダ舎が完成しております。
今朝のニュースを見てたら、「建物の位置をちょっとずらしたら、当初予算よりオーバー
しちゃったんだー。」と偉い人が喋って(釈明して)ました。

明日、パンダは来ますが、一般市民が明日「生パンダ」を見られるわけではないです。
一般公開日は今もって不明です。
ニュースでは役所の人が「年内には・・・」とか言ってたけど、本当かしら?
澳門日報記事を見ると、タダではなくどうやら「有料」みたいだし・・・。

明日からパンダ記念切手も発売されるようです。
また、民政総署で記念パンダ饅頭も売り出されるそうです。
(↑まんじゅうはウソです。信じないで下さい。)

澳門にパンダを見に来たいけど来られない!という方は、澳門政府がパンダ専門公式サイト
澳門熊猫網を設置してますので(上の写真はそこからダウンロードしました。)Web上でお楽しみくだされ。

ぱ・ぱ・ぱんだっ、ぱ・ぱ・ぱんだぁ、あたまの中までぱーんだねんとーぉ♪
(おそらくマニアの方のみワカル、“皿田きのこ”嬢の替え歌にて〆。)
posted by nana at 11:02| Comment(0) | マカオDAYS(2007年6月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。