2010年10月08日

豚仔包

画像 029.jpg

直訳すると「豚の子パン」。
コロコロしてて「なるほどナァ」という外観。
(パンそのものに豚肉は使ってないし、入ってないです。)

ポルトガル領だったことも多分に影響していると思うけど、
マカオのパンは非常にレベルが高いと思う。

洗練されたホテルのベーカリーのそれが美味しいのはいわば「当たり前」ですが、
パンも肉まんも「小麦粉類なら任せてちょうだい」的な街角パン屋さんの素朴なパン達がとても美味しい。(かつ安い。)

よく、マカオ名物として取り上げられる「ポークチョップ(豚肉)バーガー」。
一般的には「豚扒包」と略して言いますが、正確には「豚仔豚扒包」となります。
「豚の子パン」を切って「ポークチョップ」を挟みこんだパンです。

「豚仔豚扒包」
"ジューザイジューバーバオ"
・・・10回言えば早口言葉になること、間違いなし(笑)。
posted by nana at 09:47| Comment(2) | マカオDAYS(2007年6月〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
パン
自分で作るように成ってから比較をしますね〜
市販のパンは、イースト菌を使っているので独特と言うかイースト菌の香りがしますよね〜
私の作るパンは、酵母を自分で起こして使っているので酵母の香りと言うか小麦粉の香りがします。
一番良い香りがしたのは、ビールから酵母を取り出して焼いたパンが凄く良い香りがしました。
今は、酒粕(板粕)酵母と小麦粉酵母を使って焼いてます。
寒く成ってきたので?マカオは温かいか…
インフルエンザなどにかからぬよう注意して下さい!
近々中華まんを作る予定です。
Posted by パソコンおたく at 2010年10月08日 10:20
パソコンおたくどの。
すごいですね。すっかり手作りパンの大家ですね。
黄金伝説の節約生活でギャル曽根ちゃんがどでか中華まんを作っていて、私も一度作ってみたい(小さいのでいいけど)と思っていました。
北の大地で、発酵&小麦粉ライフをエンジョイくださいまし。
Posted by nana at 2010年10月12日 20:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。