2017年10月17日

ドスコイ警備保障/室積光

IMG_0245.JPG

笑って、泣ける、正統派コメディーです!
とんでもない設定なんだけど、何だかリアリティあるんだよね〜。
スカッとしたい時に読むには最適の一冊。
室積光さんの、他の作品も読んでみたくなりました〜。
Let's どすこい!
posted by nana at 07:17| Comment(0) | 本を読むのが好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

正論を吐く人間が人格者ではないということを感じた自転車事件

地元スーパーヤナギへ夕飯の材料を買いに、鼻歌交じりでママチャリ漕ぎ漕ぎ。
その時、事件は起こりました。
颯爽と走るロードバイクとすれ違った瞬間、
「左側走れ!タワケ〜!」と。

「?」
一瞬、何が起こったのかわからず、そのまま数メートル走って、自分が怒鳴られたことに気づきました。
瞬間「ムカッ」としましたが、冷静に考えると怒鳴った方の言うことは正論です。
道路交通法上はきっと自転車は車扱いだから、車の進行方向と同じ側の道路を走らなくては。

でも、でも・・・。
なんだか、心がザワザワ。
正しければすれ違いざまに人を怒鳴っていいのでしょうか?
(正に「言い逃げ」状態。)
夫に報告すると、「自分も全く同じ経験がある。でも、ここは生活道路。次回怒鳴られたら、そう言って反論しようと思う。」と言ってました。

法律上は「自転車は歩道を走っちゃいけない」と聞いたときは正直、心底びっくりしたものです。
小学校、中学校、高校、いつでもママチャリで何の疑問も感じず、歩道を走っていたから。
だって!車道走るなんて!怖いじゃん。車ビュンビュンで。

最近、とみにロードバイクやクロスバイク愛好家が増えました。
彼らは車並みのスピードだから、車道を走っても怖くないと思います。
うちのお客様にも自転車愛好家の方はおられます。
みんないい方ばかりです。

知多半島は格好の練習コースのようで、よく「速い自転車」が走っています。
自分もケガをしたくないし、他の方の迷惑になってもいけないので、今後は進行方向側を走ろうと思います。
実際、自分のマナー違反を意識すらしていなかったので、今回のことはいい勉強になりました。

でも、もう一つ勉強になったこと。
それは、すれ違いざまに人を怒鳴るようなカッコ悪い人間にだけは、絶対になりたくないということです。
ものって「言い方」ですよね。愛がない言葉は相手に届かない。

ちなみに、このへんのおばあちゃんが買い物の時に押している「乳母車」はどうなるんでしょう?
おばあちゃんは「車進行方向」に合わせるため、わざわざ何度も道路を横断して地元スーパーに行かねばならないのでしょうか?
(ぶっちゃけ、その方が危ない・・・。)
また、新たな疑問ができてしまいました(苦笑)。
posted by nana at 07:44| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月20日

終わった人/内館牧子

いやー。面白かった。
夜更かししない主義なんですが、先を読みたくて夜更かしして一気に読み上げてしまいました。

定年前後のサラリーマンの喜怒哀楽を綴ったお話ですが、
「シゴト」「ジンセイ」を考えるにあたり、大いに役立つ一冊。
むしろ就職を控えた若者なんかが読むと、すんごい参考になるだろうな〜。

文句なしのイイ作品です(^◇^)
posted by nana at 07:15| Comment(0) | 本を読むのが好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする