2018年11月15日

ピカチューではなく「せかちゅーさん」に出会った話

世の中にはいろいろな人が居るとわかっていながら、普段平穏に暮らしているとたまにそんなことを忘れてしまう。

昼の仕事は1泊4万円弱の高級旅館で予約、フロント業務。
夜は1泊3千円のゲストハウスの女将さん。

超ド級の、困ったお客はどちらに多いか?

5年余りの印象では圧倒的に「高級旅館」の方に困ったちゃんが多い。

先日も久しぶりに「せかちゅー」さん(※)に出会った。
(※「自己中」を通り越して、世界の中心に自分が居ると信じて疑わないひと。)

関わったスタッフは総じて振り回され、傷つけられ、嫌な思いをした。

自分の思い通りにならないと、怒って周りに当たる。
正に子供と一緒ではないか!
たった4万円で王様になれると勘違いしてしまったのかな?
確かに安くはないけど、誰かをひざまずかせるほどの値段じゃない。
本来代金は対価の交換であって、上下関係を産み出すものではない。

小説「百貨の魔法」にあった言葉が忘れられない。
「一流のサービスを受けたければ、お客もまた一流でなければならない」

所詮人間は感情の生き物。
だとすれば、感じのいいお客様には、頼まれなくてもありったけのサービスを注ぎたいと思うのが人情ではないか。
一流のサービスを受けたければ、自分が感じの良い人間である必要がある。
単純だけど、当たり前の摂理だ。

うち(ゲストハウス)のお客さんは個性的で変わった人も多いけど(笑)、心根が温かいひとばかり。
そこに笑顔の連鎖が産まれる。

客単価が高ければ、いいお客さんが来るとは限らないと心から思う(その逆もまた然り)。

「人の振り見て我が振り直せ」

私も他の宿や店に行けば、一人の「客」である。
一流の客にはなれないまでも、自分の機嫌は最低限自分で取れる、オトナな客でありたい。
posted by nana at 08:31| Comment(0) | 日々雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

■魔王/伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品は、読んだことない本を図書館でみかけたら、とりあえず、借りてみることにしている。
期待外れだったことが一度もなくて、すごい作家さんだなぁと思う。
(単純に私の好みというだけかもしれないけど(^^;))

先日、旅のお供の単行本を探していて読んでない伊坂作品があった。
それが「魔王」。

タイトルから、音楽がテーマ?と思ったけど、なんと!世の右傾化をうまく小説にしている作品。
およそ10年前の著作なのに全くもって古さを感じさせない。
ご本人は「政治的なメッセージはない」と、あとがきに書いておられるが、
そこは読み手の判断に委ねるところなのでしょう。

まったくもってうちと同じ理由で、テレビをあえて置かない夫婦が出てきたりして、共感スイッチ押されてしまう。

やっぱ好きです。伊坂作品。
posted by nana at 17:01| Comment(0) | 本を読むのが好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

そこに非日常がある限り

コペンハーゲン(デンマーク)&マルメ(スウェーデン)弾丸ツアーから帰ってきました(*^_^*)

<美味しかったもの>
IMG_1669.JPG
・迷いながら行って、やっとたどり着いた小さなパン屋さんで食べたカルダモンががっつり効いたデニッシュ。
・宿の近くのカフェでおまけでもらったフラペチーノエスプレッソ(一口)。
・チボリ公園のフードコート内、TAPAS置いてるお店のハウスワイン(赤)。
・屋台の土管型ホットドック!
・マルメのホステル目の前のカフェで、えびがてんこ盛りに乗ったスモーブロー。

<ビール>
IMG_1654.JPG
・カールスバーグ発祥の地だけあって、どこに行っても生ビールのタップがあり、クラフトビールも必ずある。
・チボリ公園のフードコートで、ビール専門店じゃない店の「自家製ビール」がコスパ最強だった。
・マルメのクラフトビールバーは料理(なんたらソーセージ)もビール(種類ハンパなくある!)も最高に旨かった。

<学んだこと>
IMG_1625.JPG
・グーグルマップ(徒歩利用)は普段から使ってないと使いこなせない。
・気の置けない仲間とビールがあれば、どこに行っても愉しい。

<おのぼりさんでええじゃないか!>
IMG_1122.JPG
・初めての土地ならば変にカッコつけずに、空き時間は堂々と「おのぼりさん」した方が楽しい。
・ルイジアナ現代美術館は、美術好きでなくてもテンション上がる!(*^_^*)(が、1回行けばいいし、晴れてたら更にヨシ)
・コペンハーゲンでのボート観光はおすすめ。海から陸の名所を見るのはとても快適かつ新鮮だった。

<私の旅の傾向、まとめ>
IMG_1183.JPG
・私にとって旅の目的は非日常を味わい、気分転換すること。よって、どこに行くかや期間の長短は、正直重要ではない。
・旅の目的が気分転換であるがゆえに、旅先は基本「今まで行ったことがないトコロ」。
・場所以外の要素が加わる(主に「会いたい人がいる」「そこでやりたいことがある」)と稀にリピートする。
・よって「@行ったことがない」「A現地に友達が居る」「Bそこでやりたいことがある」と、最強の旅先となる。
(今回はまさにそうだった@初デンマークAえみちゃんB現地でカールスバーグを呑みたい!)
・国内外問わず「クラフトビール」「温泉」「ローカルグルメ」が一日ひとつ体感できればシアワセ。その他はオマケ。
posted by nana at 16:38| Comment(0) | 旅に出るのが好きなんです | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする